ID非公開

2021/7/23 14:25

1515回答

日本は第二次世界大戦で滅亡まで追い込まれるような負け方をしたと言われますが、実際にそうだったのでしょうか?

日本史 | 国際情勢168閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ail********さんご丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:7/30 18:56

その他の回答(14件)

0

それって連合軍の善意でしょ? ポツダム宣言でもいってるけど完全に滅亡させることはできたよ。 そうせずに降伏のチャンスをもらったということだけど? しかも復興やそこからの高度経済成長の邪魔もされなかったし。 なんか文句言うとこある?

1

おっしゃる通りです。 ドイツは本当に国が滅びるまで降伏しなかったのに対し、日本は国が滅びる前に降伏したからです。土壇場でドイツよりも日本の方が賢明な判断をした。バッハ会長、聞いてますか。 ドイツ政府はついに降伏することなく滅亡したために、連合国はまず「ドイツ国家」というものを新たに作ってやり、その国家が連合国に降伏するという、手間のかかる儀式を行っています。 SF条約まで日本は主権がなかったという人もいますが、現実には天皇も政府も国会もあった。一旦サラ地になったドイツとは違います。

1人がナイス!しています

0

海上封鎖により農業を含めた生産力が 枯渇していました。 降伏が半年遅れたら万単位の餓死者が 出ていました。 原爆やソ連参戦が無くても滅亡必至。

0

確かにドイツよりはマシでしょうが、国家の解体もありえるレベルの敗北であり無条件に近い降伏でしたので、滅亡寸前の負けかただったことに変わりはないかと思います ドイツだって東西二つに割かれてどちらも戦前の政体、法制度から大きく変更させられましたし、日本も領土である台湾、朝鮮半島、南樺太、南洋領土を別の国として独立や併合されているので、現代人からみれば何も失っていないように感じるかも知れませんが当時の感覚なら領土の半分を失っています

0

まあそうですね。日本の戦争はほとんどが外地で行われ、地上戦が行われた沖縄と空襲を受けた大都市以外は日常生活が維持できてた。日本人の過半が地方に住み農業に従事してた時代ですから、戦争による直接的な被害は案外多くはなかったかもしれません。ドイツだって大きな戦闘がなかった南部や北部の農村地帯は静かなままだったと思います。 東北の田舎町に住んでた私の両親も、戦時中の生活はそんなにひどくはなかった。終戦後の数年間の方が厳しかったとよく言ってました。 何千万もの国民がせん滅されるようなことはなかなかないものですよ。核兵器を何発も使わないとそうはいきません。