ID非公開

2021/7/23 14:54

55回答

フェルスタッペンとハミルトンの接触について質問です。 F-1に詳しくないのですが、カーブのインはトップの人に優先されるってルールや慣習はありますか?

モータースポーツ124閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

自動車レースにおいては、先にコーナーに入った者に優先権があることと、追い抜きを仕掛ける側がリスクを背負うというのが基本原則です。 今回の場合ターンの入り口の段階でほぼ並走状態ですのでフェルスタッペンの優先権が認められる状況ではありません。 接触の状況としては、基本的にはハミルトンのラインがインを維持できず膨らんだ点にあると考えられます。フェルスタッペンはハミルトンが内側を維持していれば通過できるだけの空間を残してターンインしていると思われるので「寄せた」と言えるものではないでしょう。 そして、結果から言えばハミルトンは内側を維持してそのフェルスタッペンが残した空間内で曲がるためにはもっと速度を落として進入しないといけませんでした。そして、曲がれる速度に落としていればハミルトンはターンで全くフェルスタッペンとは勝負になっていなかったでしょう。 これをレーシングインシデントと捉える場合、「少々ラインがズレることぐらいあるはずで、なおかつフェルスタッペンには外側にまだ空間があったのだから、フェルスタッペンも回避することができたはず」というのが主な考え方となると思います。 しかしながら、あのコーナーであれ以上極端に外回りをしてラインを外すと路面も汚れていて飛び出す可能性がありますし、そもそもハミルトンにはフェルスタッペンと並走して勝負できるだけの態勢があのライン取りでは現実的に無かったはずで、できないことをやろうとした結果がラインを外すというミスを生んで接触に繋がったと考えられます。接触の要因がハミルトン側にあるとする考えはここに基づいていると思います。 お互いが引かずに接触をすることはあるので、上記要素も踏まえて「これはレーシングインシデントだ」という意見になると思いますが、一方であのような超高速コーナーではほんの僅かな接触が場合によっては人命を奪う危険に繋がることを認識していなければならず、後ろから抜きに行く側がより慎重な判断を求められます。 今回フェルスタッペンはハミルトンに最低限の空間は残しており、その条件の中でハミルトンが失敗をして事故が起きましたから、「フェルスタッペンがもうちょっと外側を走っていれば」というのは、事故を回避できたかもしれない理由ではあっても、事故の主因とはならないように思います。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/26 8:50

>コーナーであれ以上極端に外回りをしてラインを外すと路面も汚れていて飛び出す可能性がありますし、そもそもハミルトンにはフェルスタッペンと並走して勝負できるだけの態勢があのライン取りでは現実的に無かったはず これらは言い訳ですね。 ハミルトンのスピードに関してはフェルスタッペンは関係ないですね。 ハミルトンがスピードを落とすだろから1台分空けたら十分だろうというのはフェルスタッペンの思い込みです。 ハミルトンもこれくらいはスペース空けてくれるだろうとの思い込みでスピードを落とさなかった。 お互い様かインを狭めたフェルスタッペンが若干非がありそうです。 ヘヤピンカーブならハミルトンが譲るべきですけど、高速コーナーならアウトはアウト、インはインのままコース取りだと素人的には思います。

3

どんなに冷静な分析があっても、他のドライバーや関係者がレーシングアクシデントだと言っても、フェルスタッペン信者は聞く耳を持たないんですよw

3人がナイス!しています

0

分かりやすく話しますね。 確かに、インはハミルトンでした。 タペッンは、アウト側でしたか、マシンは、前に有りました。 その状況では、前のマシンに対して、譲るのが原則。 しかしハミルトンは、譲りませんでした。 ですがそんな事は、実はよく話し。 アレで、ハミルトンが接触しなければ、何の問題もないけど、微妙にハミルトンは、寄せてる。 で、タペッンも、ハミルトンの挙動を意識してるか、分からないけど、少しだけインにハンドルを切っています。

ID非公開

質問者2021/7/23 20:39

回答ありがとうございます。 では今回はハミルトンは非難されることはないってことですか?

1

>カーブのインはトップの人に優先されるってルールや慣習はありますか? ないです。 >素人考えでは、・・・ シルバーストーンでのマックスのライン取りは普通です。 多分、ハミルトンのオンボードを見ると急にマックスがアウトからインに切れ込んできたように見えたと思いますが、マックスは理想の(最速の)ライン取りをしたまでです。 他の人に書いた事のコピペします。 https://f1-gate.com/redbull/f1_63647.html 一点だけ言わせてもらえば、 コプスコーナーのマックスのライン取りは平常。 https://www.4gamer.net/bg/f1/round/gp2_9.html ただ右ミラーでルイスを確認し忘れたのか、ルイスがいることを知っていて引くと見たのか分からないが、1車両分の余裕を与えず窓を閉じた。 ルイスはリスクをおかしてフェルスタッペンの右後輪の前に左前輪のホイールを突っ込む位置まで持って行った。あの位置は危険。後輪が乗り越えたらマシンは宙を飛ぶ光景を何度もみてきた。300キロコーナーで後ろからポンと突いてやれば外に飛び出す。 チャンピオンシップポイントで1レース以上も差があったルイスがリタイヤするリスクを負う事は無かった。 ルイスのオンボード映像ではマックスが急にインにせまって(クリッピングポイントにつく)きたので避ける時間も余裕も無かった。 常に自分が正しいと言い張るのはF1ドライバーの常。 以上。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/23 19:54

回答ありがとうございます。 >マックスは理想の(最速の)ライン取りをしたまでです。 ですが、これは誰もいないときなら問題無いが、少し後ろにインにハミルトンがいるわけです。 だから好き勝手に最速のルートを走れるとは限らないのでは? 皆が自分の最速ルートを走ればクラッシュは起きますよね。 誰も悪くなくハミルトンに非は無いのでは?