レンズフィルターについて

ベストアンサー

0

やはり価格によって性質が変わるのですね。 はい、モノクロに関しては完全にフィルム用です。PLに関してはデジタルにも兼用にしたいと考えたためCPLにしようと思っていました。フィルムでCPLを使うことはできないのでしょうか?

その他の回答(7件)

0

交換レンズは純正じゃないとイヤ、という人は多いのに、フィルターのメーカー選びは雑な人が多くて驚きです(笑)。ニコン派のボクは当然、ニコン純正のフィルターを使っていますよ。 https://www.nikon-image.com/sp/arcrest/ いや、ホントはどこのメーカーでもそんなに違わないと思うけどね。気持ちの問題。

0

Rフィルターは赤外線フィルムを使わないなら不要です。モノクロで撮るなら、YA3が風景に、PO1がポートレイトに活躍します。レンズ保護用としてフィルムのモノクロ用にUVを、カラー用にSkylightを使う人が多いですね。PL、CPLはベルビアと組み合わせて使っていた人気風景写真家がいましたね。NDが必要になるのは、高感度フィルムで絞りを開けたい場合、超スローシャッターを使いたい場合だけです。 マルミが良いか、ケンコーが良いか。フィルム用ならどちらも同じです。デジタル用だと撥水コートされたフィルターが一般的になりました。両方を試した結果、私はマルミを使っています。

0

フィルム用のフィルターは全てデーター化しないのなら必須アイテムですがデーター化するのなら、カラーネガフィルム使えば必要ないですし、デジタルでモノクローム化する時にも必要ないです。フィルムでは16bitx3でRGB三層をコントロールすればフィルター効果が得られます。デジタルもRAWで撮影して現像ソフトで調整すれば必要ないと言えます。 フィルターで注意するのは、可変NDとPLでの色味です。オートホワイトバランスで撮れば良いのですが可変PLは特にグレースケールのシャドー部分に色が付いたりする安物も有るので高いのを買った方が良いです。 リバーサルフィルム使うときにはND含めて注意が必要です。 基本的にマルチコートしているフィルターが望ましいわけです。シングルコートでもノンコートでも差が生まれます。PLは樹脂をガラスサンドなので除外。特にデジタルの場合はRAW現像でトーンをコントロールできるので誤魔化せるのですが、モノクロフィルムで光学式プリントするのなら騙されたと思ってマルチコートとノンコートの激安中華製で撮り比べてみてください。結構、性能が良いのだけが良い描写とは限らない事が解るでしょう。 1枚付けるだけでもフィルムの濃度域が変化しますので面白いです。使い分けですね。平面性は問題はないでしょう。コート有無でのフレアーによる濃度域の変化を利用します。

モノクロフィルムの最長感光波長はオルソを謳っていないパンクロフィルムのなかでオルソパンンクロマチック(650nmアクロス)とパンクロマチック(700nm トライxTMAX等)に今あるのか解らないスーパーパンクロマチック(720nm程度)があります。 一般的な赤フィルターとしてR60やR64がありますがモノクロフィルムで疑似赤外線写真に出来ますので使用できないって事は無いです。ただ、オルソパンクロで使えるのはR60迄位でパンクロマチックではR66程度まで平気で使えます。使えないと書いている方が居ますがフィルムの違いで判断して、使う価値は大いに有ると思われます。R64あたり1枚持っていても良いと思いますよ。

0

私はどちらでもないケンコーの半値以下で聞いたこともない メーカーの58㎜、67㎜径UⅤフィルター16個を持って撮影 しております。写りに関しては全く違和感はありませんが、問題 はこいつ⤵ ・・・・ネジ。特に冬はレンズに中々嵌らなくつい、「クソ―ッ」。 とはいえ、金が無い私の身から出た錆。

0

フィルターでも色々ですが、ケンコーのZXIIシリーズが最高峰かな。マルミのEXUSシリーズも同様。UVフィルターが定番。安価な古いフィルターを使わないことですね。また日本はケンコーかマルミ、ハクバですが、最近は中華が凄いですね。K&FやHaidaとか安価で高性能なのを次々に出してるよ。そのうち中華に殆ど食われてしまいそう。モノクロフィルターはデジカメには要らない、最近はエモい写真が流行ってブラックミストが人気です。1/8なら付けっぱなしで良いかも。