新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/7/24 11:12

66回答

親かった友人が結婚式を挙げるんですが、

1人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

私は結婚式をしていなく、特に何ももらってないので一万ほどの祝電をお送りしたいと思います ありがとうございました!

お礼日時:7/28 21:30

その他の回答(5件)

1

友情にも潤滑油としてお金は万能です。 贈答することで、より友情は堅牢になります。 壊したくないなら借金してでもご祝儀は義理です。 無音でお過ごしは疎遠を招きます。 これが極々一般的な思考になります。

1人がナイス!しています

2

コロナやどうしても外せない先約があると招待状は欠席で出し祝電を送った上でご祝儀1万円を別日に直接か郵送で送られるのが一番いいと思います。

2人がナイス!しています

0

貧乏になると心まで貧しくなります。 衣食足りて礼節を知る。礼節まで無くなっています。 自分が同じ立場なら借金してでも行くし、ご祝儀も最低5万円以上包みます。 お金が無いのは、貧乏脳だからです。もう精神も考え方も行動も全てが貧乏。昔の人が貧乏神に例えますが、うまい比喩です。 金持ちとは言いませんが、豊かに暮らしたいなら 貧乏人の思考を捨てることです。金というのは使い時があります。 普段の生活では、無駄金は1円も払わない。本当に価値に見合った金ならいくらでも払う。普段の交際費で、だらだら飲み食いに行くのは無駄ですが、むしろ、このような一生に一度のイベントこそ金を使うときです。 対人関係の評判はあっという間に広がります。もし、自分が困って相談しても乗ってくれる人が誰もいなくなり損するのは自分です。 対人関係は心の鏡です。自分が嫌えばみんなから嫌われます。 お金は、手元にある現金だと思っていますが、信用こそが直接現金になる源泉です。信用があるから給料が高くなるし、信用があるから大きなローンも組めるし、信用があるから人に頼られて、それがお金になる。 そしてお金に対する考え方の違いは、貧乏人と違い 金持ちになれる人は、高齢の親戚の数や、適齢期の友達の数から逆算して、日頃から予備費として積み立てています。 想定外の出費じゃなくて、あらかじめ想定して事前に積み立てます。 手にする給料が低いから金が貯まらないのでは無く 金の管理能力が無い、金に対する考え方が間違っているから金が無いのです。

3

コロナ禍なので、「すごく行きたいけど、職場から大勢での会食を控えるように言われているから出席出来ない」と言えば問題ありません。 今はその様な会社も多いですからね。うちの夫と娘の職場もそうです。 その様な理由で欠席なら、友人グループとの関係が壊れる事も無いでしょう。 招待状で出席にしてから、直前(式の数週間前)にキャンセルする場合は、出席と同額(3万円)の御祝儀を送るのがマナーなので、今のうちに欠席と伝えておいた方がいいですよ。 友人との関係を保っておきたいなら、それでも1万円程の御祝儀を送っておいた方が良いとは思いますが、その余裕も無いなら、3千円程度の祝電だけでも送った方が良いと思います。

3人がナイス!しています

0

お金をかけても行きたいのか(友人関係を維持したいのか)、お金がかかるなら行きたくないのか(友人関係が終わってもいいのか)、どちらでしょうか?お金と交友関係を天秤にかけて、軽い方を諦めるしかないと思います。