回答受付が終了しました

ID非公開

2021/7/24 14:39

55回答

中国の戦国時代で秦国の始皇帝が天下を統一しましたが、

中国史69閲覧

1人が共感しています

回答(5件)

0

>秦の前に 夏、商、周、の国が天下を統一してましたが それらは中原の限られた地域だけで統一はしてません。 支配したのは黄河の中流域だけですし。

秦以前は、春秋戦国時代で言えば韓や魏の一部の地域を支配出来てただけで、長江流域には殆ど支配が及ばなかった。

0

夏商周は、諸侯を従えただけで、自分が全土を直接支配したわけではないので、天下統一をしたとは言われません。 秦は、他国(諸侯)を全部滅ぼして、直接自分で広い範囲を支配したので、天下統一したと言われます。 なお、漢は当初国内に諸侯を配置したのですが、自分の部下や親戚を諸侯にしたので、漢の支配が全国に及んでいるとされています。漢は秦のような中央集権国家になったのは、景帝武帝以降です。景帝武帝以降も、漢には、諸侯が残っていましたが(名のみ諸侯です。名のみ諸侯は秦にもいました。漢の名のみ諸侯の方が秦の名のみ諸侯より権限は大きかったです)。

1

周までは「中原」と言われる、日本で言えば「畿内」もしくは「関西+中国地方+東海地方」しか統一できていませんでした。秦や楚などは中原の外にあり、始皇帝の秦帝国が初の中華を統一した王朝となりました。

1人がナイス!しています

1

規模の違いです。それまでは都市国家が集まって発展してきた。周は封建制を行いいわば地方分権、 始皇帝は郡県制による中央集権であり、それまでの中国内の全ての国を統合し専制国家を生み出した。 「皇帝」の名称も、それまでの王という名称に対して新たに至上の地位として、伝説の「三皇五帝」から考え出した。

1人がナイス!しています

0

秦の前の王朝である夏、商、周は他国を滅ぼした訳ではなく、盟主国として他国を従わせる形をとっていました、他国を滅ぼしての完全統一は秦が初めてです