回答(3件)

1

面白かったですけど、話にまとまりはなかった気がします。竜の正体も身近な人で良かったし(主人公の幼なじみとか)。後半のストーリーが少し無理やりでした。映像から流れてくるもの全てを純粋に受け入れないと、え?これはなに?あれはどうなったの?って言う疑問が出続けます。

1人がナイス!しています

1

私の素直な感想から言えば【皮肉れて(色んな意味で)】鑑賞した人は 全く感動せずに終わる映画ですね。 そういう意味でも細田監督は天才だと思う。 最初から鑑賞する人が1/3以上は感動しない映画をあえて作り 売上100億円以上(推定)を叩きだす まさに天才と思う 映画はクオリティの高さに圧倒されましたね 画質はCG ディズニー 君の名は。新感覚取り入れたことによる違和感はあったものの日本のアニメ技術が過去のディズニーの映画を上回まわる可能性を秘めることを見せつけた作品になっています 厳しい言い方ですが虐待をする側などは心にヒットした可能性が高くおそらく作品そのものを認めないでしょう なぜなら虐待する心を他人に知られたくはないが為にそれを暴かれた気持になるからです。 私は君の名は。より面白かったですが250億は厳しいでしょうが あのクオリティの高さは例え横槍が入っても100億は確実でしょう

1人がナイス!しています

1

儚げな田舎の少女という設定が自分の好みでした すずが自作のラブソングを口ずさみながら川沿いを歩くシーンは絵も綺麗で本当に心惹かれるものがあったし、そもそも彼女の卑屈で感傷的な人間性が自分と合っていて素敵に思えた。 他にも、一番最初のUが起動してベルが歌う所は鳥肌モノで、その後のいくつかの展開でも興奮が止まらなかった。 すずが最後姿を晒して歌うシーンも幻想的な絵柄で良かった。 また、歌おうとして嘔吐する所や歌詞を書き殴って気に入らないと破り捨てる所、曇った表情などの生々しい描写は細田守さまさまだと思う 内容に関しては、絵や歌が幻想的なのもあり自分は夢を見てるような心地で見ていたので、多少のチグハグさ展開の強引さは気にならなかった ただ、最後しのぶがすずに対して突飛に「姿を晒して歌え」と言ったのには、今までのすずに対する心配はどこへ?となってしまった。 それはともあれ、自分にとっては、田舎の少女が織り成す青春劇という感じが最高でした。

1人がナイス!しています