夏休みの宿題で「私たちと地球の新しい未来」をテーマに作文を書かないといけないのですが、「新しい」ってとこがよく分かりません。 JICAのエッセイコンテストのやつです。

地球温暖化 | 宿題5,806閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

3人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

質問者の立場になって回答して下さってありがとうございます。

お礼日時:8/1 20:40

その他の回答(4件)

0

「新しい」というのは、人それぞれ違って良いのではないかと思うのですが、私は、核兵器も原発も再処理もない世界が新しい世界だと思っていますし、人類の未来のためにも、そのような未来を実現すべきだと思っています。 尚、私は地球温暖化の最大の原因は原発と再処理だと思っているし、リニアモーターカーも地球温暖化を促進すると思いますので、 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14245724539 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13246129728 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13240927598 を参考にして新しい地球の未来を考えてもらえるとありがたいです。

0

化石燃料を使わないことを新しいとすると良いと思います。例としては、近年の急速な温暖化は中国が主原因といえます。今更ですが、温暖化主原因は二酸化炭素です。 https://youtu.be/VGWzksHmP4w https://youtu.be/XYgyDIDa8H0 日本政府の正式のページ↑二酸化炭素が原因と解説してます。二酸化炭素が主原因で100%間違いありません。寒冷化も数万年はしません。 どの国の政府の正式なページにも同様に二酸化炭素と言って動画解説が出てます。 解ることですが、日本は海に囲まれた島国ですので、例えば、カナダのような49.6℃になる熱波が来る、といったことはありません。大陸でないので、その分は安全といえます。大陸の熱波については色々予想がありますが、日本は影響はないとはいえませんが、その点はまだ安全な話となります。 二酸化炭素をかなり減らすのは今でも実際できます。 電力会社を再生エネルギーをほぼメインにしてる会社に切り替える。どの家庭でも、家に届く電気料金請求書を見ながらインターネット上10分間でだけですぐに完了します。電気代が安くなったと喜んでる方もいます。 お風呂をガスを使ってる場合、お風呂を温める電熱せん(1万円~)を買って電気で温める。この方が半額でお湯が沸くと喜んでいる方もいます。お風呂だけでも日本の家庭部門二酸化炭素排出を約30%削減出来ます。 普段移動は、電動バイク等を使う、充電は、家の再生エネルギーで行う。ガソリン車を所有する方は、バイオガスを大阪ガス等が出すと、(タクシー会社が行うガソリン車からLP車に変える改造と同じで)そのまま使えるので、スウェーデンは既にそうなってますが、それまで待つか控える。 ゴミは全てリサイクルに出す。これも実際にはペットボトルは再利用されてない(ので買い取ってくれる業者まで持っていかないといけない)のでガラスビンの飲み物を店の棚に返す昔の方法で再利用しかないのです。 これで、家庭部門はかなり削減と思われる。以外と日本人環境ならどなたも今直ぐに出来ます。 皆さんもこれ以上被害に合わないためには、関税(例えば環境税)を、新しい政治家に要求することが重要となります。現在だと中国製品に環境税が課税されずに、豪雨など被害や防災の資金を日本からだけで税金を好きなように現政治家に使われてしまいます、阻止しないといけません。 ※このコメントは、100%再生可能エネルギー(ガス不使用)の環境の元にコメントされております。勿論どなたでも直ぐにできます。

0

”” JICAのエッセイコンテストのやつです。 ”” → 外務省の下部組織?ですか?あそこのはいろいろと問題ありそうですね?まあああああああSDGsのでしょうか?ね?

0

電気自動車って実はガソリン車とそんなに二酸化炭素排出量変わらないんじゃないのとか https://youtu.be/BWhgCr-50Bw SDGsって実は 各国は戦略的に行っていて環境のことは二の次なケースもあるよねとか https://youtu.be/94Ubdrve8uc そういう内容でいいんじゃないんですか? フードロス問題の小論文などを見て必要な部分を部分的に解析するのも重要だと思います 業界の人にとっては定石ですが一般人から見るとかなり新しい観点で分析されています https://youtu.be/-OckxXDLT9E