回答(12件)

0

タイミングが悪すぎましたね、但しナイチンゲールの転売騒動の事ではありません。 今年4月に姉妹誌のアームズマガジンで東京マルイの新製品情報(次世代MP5)をメーカー発表前に誌面で暴露するという大失態をやらかし、広告が打ち切られるという事態が生じています。 今回の一件、対応が遅れて様々な広告主が動き出す前に先手を打って処分を発表する事で生命線(スポンサー・広告主)を維持したと思われます。

0

会社から指示された訳でも無いのにSNS上で「ホビージャパン編集者」を公表し、あまつさえ模型業界全体で問題視されている転売行為を擁護する様な発言をしたらクビになるのは当然でしょう。

0

「首だー」といったところで首にはなりません。退職届を出さないと首にできないからです。やめた人もぼちぼちやめたかったに違いないです。 今出版業界って良くないのかもしれません。

2

処分としては重い方の範疇で妥当でしょう。 回答とは関係ないかもしれないが、「弱った犬は棒で叩け」というような韓国人のような思考の人が散見される。事実でないことを事実のように言ったり憶測で決めつけたりして必要以上に責め立てるのは、転売擁護と本質的に同じです。 >クビじゃないよ。 退職処分で外注編集として同じ作業してるよ。 退職処分というのが属に言う「クビ」というをこの人は知らないのでしょうか?しかも、実質謹慎中なのに、「外注編集として同じ作業してるよ」というのは明らかに嘘です。嘘によって人の名誉を傷つけるのは立派な犯罪です。hjからすれば偽計業務妨害です(犯罪です)。むしろ法的には違法行為はしていない処分された編集者の方がまだましです。彼はこんな嘘をネットに書いて自分はどんな責任をとるつもり何でしょうか? 失敗したら徹底的に叩いてもそれは許されると持っている方がよほど悪党です。

2人がナイス!しています