なぜ刑務官は叩き上げでも最高位(法務省矯正局長)まで昇進できるんですか。 基本は検事かキャリア組ですが過去に叩き上げ(刑務官)出身の矯正局長もいました。

公務員試験 | この仕事教えて561閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

東大出のキャリアが叩き上げ刑務官に出世でよく抜かれるがよくあるってのは驚きです。 警察のキャリアは最低でも警視監までは保証されています。警視監は刑務官で言えば矯正監に相当する階級。 叩き上げ巡査では警視長(矯正長相当)が実質最高位です。営門昇進(定年前昇進)の叩き上げ警視監はいますけど。 警察では「キャリアの最低保証階級>叩き上げの出世頭」です。 警察は「キャリア様の体面を叩き上げ組の出世頭が潰してはいけない」と言う不文律があるようです。 同じ階級制度のある公務員で犯罪者相手の仕事なのに人事制度は随分と違いますね。 西田さんのようなケースは例外にせよ警察ではあり得ませんし。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

様々な回答ありがとうございます。 どれにしようか迷いました。 警察と刑務官の組織規模の違いに触れたこの回答を選ばせてもらいました。

お礼日時:8/3 7:08

その他の回答(2件)

0

公務員一般言えますが、家庭の事情で進学できず、高卒で国家公務員で本省勤務になった方で、「神童」と呼ばれる方はいます。 いとこは、キャリア組で、そう言っていました。 法務省、特に矯正局、刑務官の世界は「下剋上」の世界と言われています! 東京大学法学部卒業の矯正局キャリアがA刑務所総務部長・矯正長、そのキャリアと矯正研修所本所高等科第一部研修同期の高卒刑務官がA刑務所長・矯正監なんて多くいます。 出入国在留管理庁も、東京大学法学部卒の入管キャリアが優位なことはありません。 法務省は、ノンキャリアが数多くの指定職に就いていますね。

この返信は削除されました

0

検事以外で矯正局長に初めてなった人は,確かに刑務官上がりでしたが,その次はなく,現在ではプロパー職員(キャリア)が就任していますね。保護局もね。元々,但木元検事総長は矯正局長・保護局長のポストは,プロパー職員に任せたほうが良いと公言していました。 昔は優秀なプロパー職員が不足していたのは事実で,すべての局長ポストは検事が独占していました。しかし,ここ最近は優秀なプロパー職員が育ってきたことで,2つのポストにはプロパー職員が充てられるようになってきています。 法務省では,専門職員も他省庁でいう処のキャリアも同じ扱いです。検事以外はキャリア扱いされません。 尚,外局として独立した入管庁の初代長官は,検事ではなくプロパー職員です。但し,次長は検事で,現職が元秘書課長,前職が現官房長でした。 矯正管区局長のポストに検事が付くことはないと思います。又,矯正局や保護局には数名しか検事はいません。

いずれは矯正(刑務官)の世界は警察並に「叩き上げは小規模刑務所長、階級は矯正長が最高位で我慢しろ。大規模刑務所長や地方矯正管区長と矯正監はキャリア組で独占する。」となるんですかね。 警察なんか叩き上げ最高位ポストは巡査組の平均学歴は年々上がってるの叩き上げ最高位は下がる一方ですから。 かつては地方管区警察局長に上がる叩き上げもいたそうですが、今では叩き上げ指定席の県警本部長の椅子を昔より減っています。 昔は全国4~5は叩き上げ県警本部長の椅子がありましたが、今は2個です。空いた本部長の椅子は他省庁から警察に出向したキャリアに振る舞っていますし。(笑)