その他の回答(3件)

0

私の場合,具体的には,まず,発注決済の戦略が決まったら それでEAを作成して,MT4上でストラテジーテスターを 稼働します.分足から日足まで,それぞれで1年間分ぐらいの データでバックテストを行って,最もパフォーマンスの良い 時間足を採用することとします. こういうことをやっていて分かったのですが,取引通貨ペアや 発注決済手法によって,最もパフォーマンスの良い時間足は, まったく異なるということです.ある通貨ペアでは5分足が 最良で時間足を長くすればするほど悪くなるのに,同じスト ラテジーなのに異なる通貨ペアでは,全く逆で時間足を長 くすればするほどよくなるようなものもありました. さらに,バックテストの期間によっても異なる可能性も あります.MAなどを使う場合は,MAの時間足と 発注タイミングの時間足を別なものにしたりもするので, ある決まった時間足で取引を行うということはしてません.

0

1分足以外ですね。 マルチタイムフレームと、波動理論も理解しているので、スイングトレードの入り口も、少なくとも1時間足以下で判断できますし、デイトレードならば5分足で十分判断できます。

0

基本的には5〜15分足 ただポジる前に、1〜4H、1D〜1W等、中期以上のチャートも確認してから 短期で下のサインが出たからSしても 中期以上の足が上ならすぐ戻ったり引っ掛けだったりするのはよくあるから 同じ方向以外はポジらない 自分がどれくらいのpip抜きたいのか、 レバはいくらかによっても変わると思う