ID非公開

2021/7/29 12:57

33回答

歴年課税について質問です。

税金55閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そういう例があるんですね。実体験を添えて、1番早くご回答くださったのでベストアンサーとさせていただきます!ありがとうございます、助かりました!

お礼日時:7/29 13:33

その他の回答(2件)

0

ID非公開

2021/7/29 13:09

「誤って」ということは、送金以前にいくら贈与するのかという取り決めをしていると思われますが、その取り決め額を超えて送金された分を返金した事実があるのなら、その「誤って」送金された分は贈与には該当しない。

0

なぜ、150万を送ってもらったのか…。 親子兄弟などの扶養義務者が、「日常生活に必要な生活費」に関してお金を渡した場合は、贈与税は掛かりません。 これはお小遣いであっても生活に必要なものであれば贈与の対象とはなりません。 相続税法 (贈与税の非課税財産) 第二十一条の三 次に掲げる財産の価額は、贈与税の課税価格に算入しない。 一 (略) 二 扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるもの 「生活費」は、通常の生活をするのに必要な費用をいい、治療費や養育費その他これらに準ずるものを含みます。 具体的には、以下のような贈与が「生活費」として「通常必要と認められる範囲内」であれば非課税とされています。 ・子供の生活費の仕送り ・一人暮らしをしている子供の家賃 ・結婚資金(新婚後の家具・家電の購入費や結婚式・披露宴の費用に充てている場合) ・出産費用(出産のための検査費用、入院費用、治療費用、不妊治療の費用、ベビー用品代など)