望遠レンズを探しています。

ベストアンサー

0

さっそく助言をありがとうございます。 鳥は、庭先に来るのでそれほど遠くのものを撮る訳ではないのですが、レビューを見ていると、45-200の方が手ぶれ補正もしっかりしていそうでいいかなぁ、と思えてきました。 本格的に、山へ行って野鳥を取る時には、やはり100-300ぐらいないと難しいでしょうか。 実は、別の用途で、 M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II を持っています。 この時は、コンサートホールの後ろから三脚を立てて演奏の様子を撮影するために購入したのですが、今も、遠方の山並みの写真を落ち着いて撮るぐらいなら三脚なしでも何とかやっています。 もし、100-300を買うなら、こちらのレンズは持っていてもあまり意味はないでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いくつもレンズを紹介してくださり、ありがとうございました。 動きのあるものを撮るにはやはり手ぶれ補正がほしいなと思うので、ご紹介いただいたパナソニックのレンズを含めて検討してみようと思います。 ほかの方も助言をありがとうございました。

お礼日時:7/30 22:57

その他の回答(2件)

0

PanasonicG9と、100-300で鳥を撮っているので一言(40-150もOM-Dで使っていたので)。 まず、40-150は野鳥を狙える焦点距離ではありません。ただ、風景写真などでは切り取り方にかなり幅が出てくるので、有って損するレンズでは無いです。 AFはそれほど速くないので、動き物を常時追うような使い方には向きません。ブレに関してはシャッタースピードを速くする、ブレにくいカメラの構え方をする等である程度対応できると思います。ただ、Panasonic純正の同じような焦点距離で、ブレ補正付きのレンズがありますので(中古なら1万以下)、あえてオリンパスを選ぶ意味も特にないと思います。 100-300を使っていますが、正直100-400が欲しいところです。

ありがとうございました。 オリンパスはまわりにユーザーが多く、借りたりする機会が多いので馴染みがありましたが、パナソニックのレンズも評判がよさそうなので、考慮にいれようと思います。 野鳥とは言っても、庭先に来た鳥(窓のすぐ外)を撮るぐらいのことを考えていました。 ただ、それが高じて、本格的に山に入って野鳥を観察するようになったら、パナソニックの100-300も考えてみようと思います。 助言をいただきありがとうございました。

0

先ず、何故パナソニックにオリンパスのレンズを考えるんですか? パナソニックのパフォーマンスをフルに発揮できるのはパナソニックのレンズですよ!手ブレ補正なんかに差が出ますから! オリンパスの70−150の安い方を買う位なら、パナソニック45−150f4-5.6の方が良いレンズですし、単体で買うにも非常に安価です。 それに、このパナソニック45−150は、易いけれど非常に描写が良いんです。 オリンパスのレンズを使えば、全く手ブレ補正は無くなります。 やはり焦点距離を問わず手ブレ補正は有った方が良いです。 望遠は何を目指すのか?でも違います。 私も100−300を持っていますし、コレは値段の割に非常にいいレンズですが、短い方が100mmというのは少し長すぎると思うことが結構多いんです。鳥ばかり撮るなら兎も角、それ以外も色々撮りたいという場合は、決して使いやすいレンズとは言えません。 そういう意味で、私も75−150と100−300両方持っていますが、どちらか一本には出来ませんね。

なぜレンズにオリンパスを選ぶのか? まわりにオリンパスユーザーが多いため、レンズを借りて試したりすることがあるので。 ここの話題には出てこないですが、彼らからお古をもらい、ほかにもオリンパスのレンズを持っています。 それじゃなぜ、パナソニックのカメラなのか? 仕事上、はずせない機能がついていたためです。 何を撮りたいかでもレンズの内容は違ってくるので、100-300はもう少しいろいろ撮ってみてから検討しようと思います。