新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

年金について。 私は現在20歳の女です。

年金 | 税金、年金155閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。 扶養家族が増えたからといってそれを理由に保険料が増えることは無く、給与の額のみで保険料が増えるという記事を見たのですが今回の回答でいうと扶養する家族が増えれば増えるほどに彼の給与からの天引きが増えてしまうという認識でよろしいでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

細かく回答していただきありがとうございました。 参考になりました!

お礼日時:8/2 22:46

その他の回答(4件)

0

>会社員である父の扶養に入れば、健康保険は父の扶養で何とかなる 父から、継続的に仕送りをしてもらう必要があります。 仕送りは主の収入を超える必要があります。 無収入になれば、成り立ちますが、主が学費を稼ぐなら それ以上の仕送りが必要です。 >年金はどうなるのでしょうか。 国民年金には、親子間の扶養制度はないので、 国民年金保険料を納めるか、猶予の申請が必要です。

0

現時点の年金制度では主様が彼の扶養なら厚生年金なので国民年金第三号被保険者になり彼の給料から50%、彼の会社から50%国民年金保険は支払われます。主様が専門学校に行き余った時間でパートで働かれる場合は「2022年4月以降施行 年金制度改正法」から厚生年金の適用範囲に入る可能性もあります。詳細は下記です。 参考ですが【2022年4月以降施行】年金制度改正法 厚生年金の適用範囲の拡大 今回の改正で厚生年金の適用範囲が拡大しました。具体的には、常勤者の所定労働時間または所定労働日数の4分の3未満の短時間労働者であっても、一定の要件を満たせば加入できるようになります。 以下は現行制度における、短時間労働者を厚生年金(社会保険)に加入させる要件です。 1週間の労働時間が20時間以上であること 雇用期間が1年以上見込まれること 賃金が1ヶ月8.8万円以上であること 学生でないこと 現行制度において、上記の要件を満たした短時間労働者を社会保険に加入させる義務があるのは、被保険者となる従業員が501人以上の事業所のみでした。しかし今回、段階的に適用範囲を広げていくという改正がなされました。具体的には、2022年10月からは101人以上の事業所、2024年10月からは51人以上の事業所までが適用になります。 また、今回の改正では、上記のうち「雇用期間が1年以上見込まれること」という要件は撤廃され、フルタイムと同様に2ヶ月以上となります。なお、5人以上の個人事業所で強制適用とされている業種(製造業、鉱業、土木建築業、電気ガス事業、清掃業、運送業など)に、弁護士や税理士などの士業も追加されます。

0

1.学生になった場合、免除されますので、手続きをしてください。 2.入籍して親の籍から抜けるのですから婚姻相手の扶養家族になります。配偶者が厚生年金の場合は3号指定になり掛け金はありません。

0

20歳になれば 年金は支払う必要あります 会社員なら 厚生年金 親の扶養なら国民年金 旦那の扶養で3号なら 支払いはなくなります 年金で生活を選ぶのもどうかとは思いますが。