複雑な回路の特定箇所の電流などを求めるのにテブナンの定理というのがありますが。

工学 | 物理学48閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます!

お礼日時:8/2 10:06

その他の回答(3件)

0

テブナンの法則 :電流を測りたい負荷をはずして、 1)その負荷がない場合の、負荷が付く端子間の電圧を求める 2)電圧源ショートして、負荷が付く端子間の合成抵抗を求めれる。 すると合成抵抗は、端子間に電流が流れていない場合の内部(出力)抵抗。 この出力抵抗と、負荷の直列インピーダンスに、1)の電源をつないだ場合がもとまるという等価回路。 これ賢い等価回路だと思うで。 重ね合わせの理 複雑な経路があって、電流がよくわからん。 適当な電流を複数定義して、その電流の連立方程式を解く。 小学校の文章題難しいと思ってたのが、中学校で連立方程式ならって、あっさり解けるので、感激しませんでしたか?

0

テブナンの定理: ある回路の無負荷時の出力端子電圧がV、短絡時の電流がIである場合、この回路は、内部インピーダンス、Z=V/Iと電源電圧Vの直列回路と見なせる。 重ねあわせの理:電源が複数ある場合、あるノードに流れる電流やそのノードの電圧は、電源を一つずつ有効にした場合の計算値を合計した値になる。電圧源を取り除く場合は短絡にし、電流源を取り除く場合はオープンにする必要がある。

0

独学なので○○定理に関しては、良くわかりませんが、次の3つが判れば、○○定理、重ね合わせなどは、直ぐに習得できると思います。 1.キルヒホッフの法則 2.電圧源の内部抵抗はゼロオーム。なので他の電源から電圧源をみると導線と同じ様に見えます。 3.電流源の内部抵抗は無限大オーム。なので他の電源から電流源を見ると開放と同じ様に見えます。 あと、Δ⇔Y変換など、、かな