たぶん、旅人算だと思うんですが、息子の宿題で問4の考え方が分かりません。答えはあるんですが、解説がなく、どなたか解説をお願いします。画像に問題を上げましたが、問3と問題の問4はここに記しておきます。

画像

算数 | 宿題202閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

すごくわかりやすかったです。詳しい解説、まことにありがとうございました。

お礼日時:8/4 19:23

その他の回答(2件)

0

問4. ①太郎さんと次郎さんが出発してから初めて出会うのは何分何秒? ②2回目に出会うのは出発してから何分何秒後? ③3回目に出会うのは出発してから何分何秒後? 答①ー②+③

1

問4では条件の違いは距離だけですね。 他の条件は全く同じです。 そうなると、移動の状況は問2で書いたグラフ(ダイヤグラムという)とまったく同じになります。 例えば距離が2倍に増えたとしたら、 ・縦軸の距離が2倍に伸びる。 ・横軸の時間も2倍に伸びる。 という変化はありますが、グラフの形は全く同じです。 言い換えれば、グラフはそのままで、グラフの目盛だけ2倍に増やした状態になるだけなのです。 そこで、以下のように考えます。 ・問2で作ったグラフをつかって、初日に太郎さんが次郎さんよりB地点側にいた総時間を計算する。 ・2日目は総時間は13分だった。時間が何倍かに変化したのは、距離が何倍かに変化したから。ということは、時間の倍率がわかれば距離も同じ倍率で伸ばせばよくて、2日目の距離がわかる。 こうすることで、2日目の距離がわかります。

1人がナイス!しています