日顕さんが創価学会を破門した理由は何ですか?

画像

2人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

このベストアンサー選択は「質問者である私もどの回答者様が真相に近いことを述べているのか分からない」という意味です。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:9/18 12:40

その他の回答(8件)

4

日顕は、法主こそ宗祖日蓮と同じで一番偉いんだから、この信心をするならば、法主を尊崇しなければならないと説きました。 こうやって、日蓮正宗の法主絶対主義を創価学会員に教え込んだ日顕は、創価学会を破門しても、多くの会員が日蓮正宗に残ると踏んで、断交したのです。 日顕にとって、池田氏が導く創価学会は自分の思い通りにならないため目障りであったのでしょう。 広宣流布よりも、僧侶である自分達に永遠にお金を供養してくれる奴隷みたいな信徒が欲しかったのです。 これは、広宣流布に励む創価学会員を、単に金ヅルとしか見ていなかった証拠です。 肉食妻帯の坊主が出家者なんてウソです。 贅沢な生活に明け暮れた坊主が、破門後の残った信徒から、永遠に金を搾取しようとしたのです。

4人がナイス!しています

1

池田先生が尊敬されて、法主である自分が尊敬されないという事への嫉妬です。 そして、山崎正友は「学会が宗門を乗っ取ろうとしている、解決するので金をくれ」と日顕氏にすり寄って、まんまと騙されたのですよ。 100歩譲って創価学会(信徒団体)が間違っているのであれば、宗門がやるべきは「対話」です。芸事の世界ではありませんので「破門」は論外です。 しかも、破門直前に、「宗門に逆らったら処分できる」という宗門規定をより厳しいものに変更しています。 信徒の幸福などどうでもいいのです。

1人がナイス!しています