交通系ICについて

鉄道、列車、駅 | Suica216閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(9件)

0

関西圏での利用でしたら、ICOCAを利用するのが確実的です。PiTaPaもいいですが、ちょっと特殊なので、簡単なのは、ICOCAの方です。 あと一部の駅を除くのですが山陽電鉄の駅の 券売機でICOCA購入できますと山陽電鉄のホームページに掲載されてました。

0

手軽に使いたいならICOCAがおすすめです。券売機で購入できます。駅の券売機やのりこし精算機で現金を事前にチャージして使います。 ポイントサービスに登録していれば、JR利用でポイントが貯まる区間や時間帯があり、ポイントは残高にチャージして利用できます。 お店や自販機で電子マネーとして使えるところも増えてきています。 チャージの手間を省きたいならPiTaPaがおすすめです。基本的にクレジットカードに付帯または追加カードになります。関西エリアならチャージ不要で利用できます。 審査が必要なので入手に時間はかかりますが、記名式なので再発行もできます。 代わりに1年間利用がないと管理費がかかります。 関西の私鉄やバスで、利用回数や利用金額による割引サービスがあります。私鉄のグループが運営しているお店等では買い物にも使えてポイントが貯まります。

1

モバイルSuicaは関西でも電車に乗ることはできる。 ただし、 ○関西の定期券を入れることはできない。 ○トラブルがあったときには東京(関東)まで行って直してもらわないとダメなことがある。 (携帯を送るのではなくてあなたが行かないとダメ) ○トラブルがあっても関西各私鉄やJRは助けてくれない。 ○特に電車に乗って残額が足りなかったときはチャージできずに全額現金。 ○チャージは原則クレジットカード。あるいは一部コンビニ。 駅でのチャージはできないことがある。 ○ポイントとか割引は一切ない。すべて定価。

1人がナイス!しています

1

> ICOCA推奨なのは何故ですか? SuicaはJR東日本が発行するカードですから、トラブルに依っては、塩尻か熱海まで出向かなくてはならなくなります。

1人がナイス!しています

0

関西圏のICOCA・PiTaPa事業者の鉄道は全て全国相互利用に参加しており、そのエリア内でSuicaを含む全国相互利用に参加するIC乗車券を使えます。ただしPiTaPa以外を使う場合はあらかじめチャージします。 https://www.pitapa.com/area/other.html ICOCAエリアは限定されており、原則として200km程度しか使えません。 https://www.jr-odekake.net/icoca/area/map/all.html 記名式と無記名式の違いは、 ・使える人が決まっているか、誰でも使えるか ・万一紛失した際に再発行できるかできないか ・(カードの場合)払い戻す際に身分証が必要か不要か また無記名式から記名式に変更できますが、記名式から無記名式に変更することはできません。 Suicaアプリでの発行はこちらを見てください。見なくてもアプリを操作していれば分かると思います。 https://www.jreast.co.jp/appsuica/ http://appsuica.okbiz.okwave.jp/faq/show/1409?site_domain=default なお、ICOCAは定期券にしない限りは全て無記名です。 話が前後しますが、ICOCAはJR西日本が発行してJR西日本、関西圏の私鉄・地下鉄・バスで販売されるIC乗車券で、あらかじめチャージして使用します。コンビニなど街中のお店で電子マネーとして買い物に使えます。 PiTaPaは私鉄・地下鉄・バスが共同で発行しているものですが、ポストペイ(後払い)なのでクレジットカード同様の申し込みをして審査を受けるため、すぐに入手できませんし、入会を断られることがあります。また電子マネーとしては使えません。 関西圏ではICOCAまたはPiTaPaで、買い物に使わないのであればPiTaPaがよいでしょう。 http://www.sanyo-railway.co.jp/railway/pitapa/mousi.html