新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

素朴な疑問だけれどもコロナワクチンを摂取すると感染率や重症化率が下がるって話しよね。

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとう。

お礼日時:9/17 8:23

その他の回答(3件)

0

視点が逆です ゼロコロナは目指していないので、医療が耐えられる範囲なら感染者は許容されます 感染しにくい接種者は、未接種の頃より活発に動けます。 活発に動くので、感染しにくいとは言っても感染が増えます。 感染が増えたら緊急事態宣言が出されますが、感染しにくいので未接種の頃よりは動けます イギリスやイスラエルで起きている現象もこれです。 「ワクチンを打ったら感染者が減るので緊急事態宣言がでない」のではなく、「ワクチンを打ったら感染リスクが減る分だけ活発に動ける(その結果、緊急事態宣言もでる)」です

1

接種率が何%になれば解除できる、という基準ではないです。 接種が進み、結果として、医療機関の逼迫度や新規患者数が減れば、解除が視野に入ります。 接種が進んでも、デルタ株など変異株により突破され、患者が減らなければ、解除は出来ません。 現時点では、医療の逼迫度・新規患者数・監視体制に関する5つの指標をもとに、決めています。

1人がナイス!しています

ワクチン摂取で医療逼迫や患者数が減るのが見込めるわけでそれらが緊急事態宣言の判断材料であるならばある一定数のワクチン摂取者が居れば緊急事態宣言自体が発出されない可能性もあるわよね。 そうなってしまうと今現在ワクチン摂取のメリット的に緊急事態中の行動制限緩和って話しがメリットに感じられない可能性もあるんじゃないかって思うの。 まあ本来は緊急事態が頻繁に出るのが異常だからその方がいいのだけれどもワクチンを打つ動機が緊急事態中の行動規制緩和だけだとがっかりするかも。

0

希望者全員摂取が完了したら緩和するようです。おそらく7、80%くらいで11月までに達成するようです。 無料で打てるのに打たない人は自己責任で政府は知ったこちゃないって感じだと思います。