STAP細胞は将来確認されそうなのですか?また、STAP細胞で何ができるようになりそうなのですか?

画像

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

可能性は0ではない、と書かれている方がいますが小保方晴子が関与する可能性、再評価されている可能性は0です。 STAP細胞はそもそも「バカンディ教授の発想によるもの」で、それを実現できるかの研究をしていたのが小保方晴子というだけですし、その実現のための「手法」こそが大事なのであり、発想そのものは珍しいものでもありません。 仮に遥か未来にSTAP細胞のようなものが出来てもそれが「STAP現象」によるものでなければSTAP細胞ではないですし、その為の「手法」は全て小保方晴子自身が潰し終えてますので小保方晴子が再評価されることはあり得ません。 実際、小保方晴子の現在の評価は「関与した論文のデータのほぼ全てで捏造がみられて論文が取り下げられるきっかけを作った研究者未満の人物」といったものです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:9/18 11:55

その他の回答(2件)

0

その人とは全く関係ない、別のものであるなら可能性はありますw

0

生命科学は 底しれぬ学問ですから 将来 STAP細胞が 改めて確認される可能性は 0では有りませんよ。 iPS細胞だって・・・・はるか昔は想像も出来なかったんですから おばあちゃんになった 小保方晴子さんが かっぽう着をまとって インタビューを受ける日もあるかも知れませんね。