変化に対応できる人は、何が違うと思いますか?

ベストアンサー

0

こんにちは、今週もお仕事お疲れ様でした。今日は富山も蒸し暑いですよ。今週は2回目のワクチンを受けたのですが、次の日の副反応が強くて、会社を休み、まる1日中、寝込んでいました。さて、自分が変化を生み出すですか!すごく良い考えだと思います。実際に変えられなかったとしても、変化を起こすために自分自身が変わらなければならないので、そのような意識を持つこと自体が素晴らしいと思います。その意識に思い遣りが加われば、感動を生み出す程、素敵だと思います。でも、お金を持っていない場合は、私は感動しないかもです。それと、コミュニケーションも大切ですよね。最近、普通に富山弁が出ることがあります。これも変化への対応なのかなぁと思うのですが、言葉のアクセントでは、あまり自分を変えたくないです。コロナの感染者が減ってきて嬉しいです。また東京へ行きたいです。今日もご回答ありがとうございます。明日が素敵でありますように。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:9/17 19:31

その他の回答(20件)

2

あくまで私がこれまで実際に見て来たことから判断するなら、 「機に臨んで変に応ず」ことが出来るかできないかの差。 言い換えれば 対応しなければいけない状況下で、 「今、何が起きているのか理解できるかできないかの差」 まとめれば 「能力の差」 つまり個々の能力が違うために 対応できる人と、できない人に違いがあると思います。

2人がナイス!しています

1

基本的にポジティブ思考なのだと思います。そして柔軟性をも備えた人じゃないでしょうかね。

1人がナイス!しています

1

好奇心です。

1人がナイス!しています

1

本当は変化に対応しているのではなく、自分のやってきた事が 時代の変化にマッチしたのだと思います。 「俺の時代がきた」というやつです。その意味では運が良いと 言えると思います。 それ以外では、恐らく自分の成功体験に固執しないところが 違うと思います。どうしても自分の成功体験にはこだわってし まいますが、事実だけを素直に見て評価できる人が変化にも対応 できるのではないでしょうか。

1人がナイス!しています