ID非公開

2021/9/11 13:55

77回答

モードについて勉強しているのですが、使い方が分かりません。

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

モードを意識するのは、同じコードを長くしてアドリブを載せるときだけですよ。 普通の楽曲をつくるときには、モードを意識するのは、また別のやりかたです。 Cメジャーの時にDmにはDドリアンが合うってのは、要するに、合うようにすればそうなるってだけの話です。 それを意識して作曲する人はまあいません。 普通の楽曲は、一小節単位でコードが変わります。だから、その一小節を見て、Dドリアンだなどと決定できるほどの音符がありません。 ようするに、Dmの構成音を気にしながらメロを作るだけですよ。 構成音以外の音は構成音に解決するようにつくれば、問題ないです。

0

2マイナーでドリアン5sでオルタード なんて理屈っぽい感じですが、まずは頭に浮かんだメロディを251にあてはめて演奏おすすめいたします 理論と感性と楽器テクニックは自分でちょうどよいくらいで覚えると良いと思います。曲の表現以前に理論で固めるとがんじがらめになりやすいです まずは理屈抜きに気持ち良い、ジャズっぽいとかでプレイおすすめいたします ただし、自分で作ったフレーズがコードにたいして何の音か確認はおすすめです

0

ゴチャゴチャ云われるんだけど、結局は、 そのキーのドレミファソラシドを使ってる。 Dm に対してドリアンじゃなかったら キーCじゃないってことになるんだな。

0

多分、あなたの言う「モード」は「コードスケール」でのスケール分類名でチャーチモードを代用するときのモードスケールのことを言っているのだと思いますが、それでよろしい? それだとしたら、確かに「C メジャーの場合、Dm のときに D ドリアンスケールは(最も安全に)使える」とは言えます。 >コードに対して使えるスケールはどのように判断する のは、上の丸括弧の中の言葉がミソです。 「強く調(キー)の構成音に閉じる(構成音以外は使わない)」⇔「調(キー)の構成音以外も用いる」 という対比をみると、 「安全・無難・扱いに注意を要しない」⇔「危うい・珍しき・注意して用いないと容易に破綻」 といった対比軸での評価とほぼ等しくなります。 すなわち 「調の構成音ばっかり使っていれば、なんも注意せんでもほとんど破綻しないでまとまった感じに仕上がるが、無難に過ぎてつまらないようになり勝ちであろう」 というのと、 「調の構成音以外もどんどん使えば、ちゃんと考えて注意深くやらないと容易に破綻してメチャメチャな感じになるが、巧くまとめられれば珍しい感じに仕上がり面白くなるだろう」 みたいなことです。 でも、前者でもちゃんとまとまり付けられない人が、後者に挑戦してもまとまりなんか付くわけありませんので、とりあえず入門段階の学習者としては前者をまず理解し、できるようにしましょうということがあります。 その上で、その場合に「コードに対して使えるスケールはどのように判断」するのかというと、もともとの「ダイアトニックスケール上から採る」だけです。 C メジャーでの Dm、デグリーだと IIm ですが、これであれば II 音(D)から始まる C メジャー音階構成音上の音階となり D ドリアンが導かれますし、Em であれば IIIm ですから III 音(E)から始まる C メジャー音階構成音上の音階となり E フリギアンが導かれ・・・ということです。 C メジャーに強く閉じた状況であれば、II 音をルートとするコードは必然的に IIm になりますし、III 音をルートとすれば IIIm です。 なんのことはない、C メジャースケール上の音をコードに応じて使えってだけですね。その際は、スケール上の音に対する価値・重要性は、コードと言う評価指標があるので、「コード構成音が価値が高く、特にコードのルートは重要」といったことはあります。 例えば、C メジャーの曲なのにコードに D が出てきた、さあどうしようみたいな場合はどうなるかですが、これは先の「調(キー)の構成音以外も用いる」の方向に踏み出していることになります。ですから入門者が考えるケースではありません。 音楽理論的に話をすれば、このような感じでしょうかね。

それと、「音名」はポピュラー音楽の場合「アルファベット(A~G)大文字」という決まりです。 これから外れると、読む側がメンドクサくなります。 ようするに真面目に対応したくなくなっていきます。 円滑なコミュニケーションを望むなら、標準の表記法に倣うのがよろしいと思います。 余談ですが、別の音楽理論の表記法だと音名の大文字、小文字で意味が違うような流派もあるので、「そういう人が迷い込んだ?」みたいな忖度も生じちゃったりと面倒くさいことこの上ないのです。(笑)

1

やはりレジェンドたちの演奏を コピー・研究する必要があると思います. . . その事について土田晴信さんの動画説明が参考になると思います。 動画の17分13秒くらいから〜 ↓ https://m.youtube.com/watch?v=1k6crpKEips

1人がナイス!しています

この返信は削除されました