カウンセリングルームを営んでるものです。臨床心理士とか認定心理士ではなく民間のカウンセラーの資格を持って行なっている者です。前まで自信を持ってカウンセリングをやっていて口コミもすごく良いのですがSNSで

将来の夢 | カウンセリング、治療340閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

本当にこの通りです。 お陰で自信がつきました。 今日クライエントに「あなたがいて死なないで済んだ。ありがとう」と言われました。自分の腕は確かなんだなって感じました。

お礼日時:9/12 1:03

その他の回答(6件)

0

民間の資格? 知識がないのは事実なので 誹謗中傷が怖いならSNSは使わないこと。 カウンセリングとか言ってないで 占い師、あなたのお話を聞きます でいいんじゃないかな? アドバイスなんか求めていなくて 聞いて欲しいだけの人は沢山いる。 そういう人にはあなたがぴったり。 ちゃんと役割はありますよ。 あなた自身の精神の強さが求められますね。 ない人はこうした仕事は向いていません。

1

民間資格しかないのに、そもそも自信を持ってカウンセリングをやっていることがかなり怖いです。

1人がナイス!しています

0

知識や資格はあるけど実効があがらない人物が、あなたを避難しているだけではないだろうか。またあなたの中にも自信はあるけど資格や知識に引け目を感じておられる部分があるのでは?知識や資格は実効を上げるための手段であると考えれば、あなたは何も気にせず自信をもってご自身の道を歩かれれば良いと思います。

0

それは臨床心理士や公認心理師のような確かなスキルと知識がないから自信が持てないんじゃないでしょうか。 例えば、精神分析と認知行動療法は常に批判しあっていますが、きちんと知識とスキルをもつ第一線で臨床にあたっている心理士は互いにそれらの批判に怯むことはありません。 臨床心理士がボロクソいうのは貴方の知識が間違っているのではないでしょうか。理由もなく批判はされないと思います。カウンセリングに必要なのは誇りではなく知識です。

0

保険診療に守られている資格持ちは無視しましょう。貴方だってもし何かを習うときに1万円/回の先生、千円/回の先生同じ結果は求めませんよね。 要するに貴方は下記の”先生”と同一視されているんです。クライアントが求めるのは結果だけです。 ============= 治療単価1万円の隠された秘密 ============= ★テロップつきの動画で わかりやすく理解したい場合は… 下記のURLをクリック★ ⇒https://youtu.be/E0c8mlmydwg (YouTubeにジャンプします) ============= おはようございます、前川雅治です。今日は、単価一万円での治療を行う方法について解説をしていきます。あなたは、売上を出すために必要な指標をご存知でしょうか?利益を出していくに当たって大切な数字が3つあります。 1.単価 2.カルテ枚数 3.来院頻度 これらの数字を上げていくことでかなり重要になります。特に一人治療院経営者にとって重要なポイントは一つ目の、「単価」です。なぜなら、フランチャイズ化で多くの店舗を展開している治療院との差別化ができないから。同じ料金でやっていたら、広告費を多く使うことのできるフランチャイズには勝てません。つまり、単価で差別化をしていく必要があるのです。また、こんな疑問を持つかもしれません。「単価一万円を取っている治療はどんなことをしているの?」動画でも公開しているので、みて欲しいのですが、私の行っている施術は、「ごく普通」です。普通の施術なのに、他の店より単価が高いなんて詐欺じゃないか!と思うかもしれません。しかし、詐欺ではなく、お客様も納得して料金を払ってくれています。高単価の秘訣は、施術ではなくてシステムなのです。 具体的には、 1.マーケティング 2.治療の価値の伝え方 3.ブランディング この3つを徹底しています。 その結果、 単価1万円でも納得して 治療を受けてくださる方がたくさん いらっしゃるのです。 ============= 1.マーケティング ============= マーケティングでは、自分の治療を本当に必要とする方だけを集めるようにしています。そのために、 ・できること ・できないこと などを明確に伝えるようにしています。自分の商品は何なのか、それを求めている方は誰なのかを意識するようにしてください。 ============= 2.治療の価値の伝え方 ============= 例えば、骨盤矯正をされている治療院だとしましょう。「骨盤が歪んでますね」と患者さんに伝えても意味がありません。なぜなら、患者さんにとってはその意味が分かっていないからです。まずは、骨盤が歪んでいる状態を認識してらう必要があります。そして、矯正が完了したら、良くなった状態を認識してもらってください。これでやっと、治療の価値が伝わります。患者さんに、しっかりと現状と良くなった結果を理解してもらうようにしてください。何をしているのかが分からない治療に対しては高い料金は払ってくれません。 ============= 3.ブランディング ============= 差別化をするには、自分が何者なのかを発信していく必要があります。例えば、私は、「良い方向に導くコンサルタント」というブランディングをしています。治療は手段であって、目的ではありません。患者さんを良い方向に導くための手段として治療を使っているだけ。極論ですが、治療をしなくても良いのです。このようにブランディングしたから単価1万円でもたくさんの方に満足してもらえています。高度な治療も必要ですが、患者さんに安心してもらう必要があるのです。そのためには、しっかりブランディングをして相手に安心感を持ってもらいましょう。 1.マーケティング 2.治療の価値の伝え方 3.ブランディング この3つを意識して高単価の治療を目指してください。 だと