青森県に足りないものとは何でしょうか。

2人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(10件)

0

1、目玉となる企画が少ないと思います。 青森県には、春の弘前さくら祭りや、夏のねぶた祭り等、青森には全国的に有名なイベントがあります。 しかしその祭りの時期だけに、観光客が偏ってしまっています。 春や夏だけではなく、秋や冬にも大きなイベントを作り、周知させていくことで、年中を通して青森を楽しんでもらう工夫が必要と思います。 例えば、秋には紅葉を、冬には雪を活用したイベントなど、青森の自然を利用したものを増やしていく必要があります。 2、青森で実施されているイベント・観光地の認知が低いと思います。 青森県のイベントや観光地の認知度が低いと感じます。 他の県に住んでいる方が知っているという可能性は低いです。 だからこそ、認知度を高めていく事が重要と思います。 例えば、現在青森にある祭り、観光地を全てまとめ「イベント MAP」を作り、紙媒体やアプリを作成し、多くの人に青森の祭りを知ってもらう というような方法が考えられます。 3、交通の便が悪い。 青森県は、たとえ様々なイベント・観光地の PR に成功したとしても、その場所に行く手段が圧倒的に少ないと感じます。 また冬場は特に交通の便が悪く、主な移動手段は自動車になってしまうため、運転が出来ない人やま た遠くに住んでいる人にとっては行く手段がなくなってしまいます。 そのため、多くの観光地にいけるように、交通手段を増やしていく必要があると考えます。

1

金だな

1人がナイス!しています