回答受付が終了しました

永久機関は不可能だと言い切れるのか?

物理学 | 工学863閲覧

回答(6件)

3

永久機関について議論するなら、その定義は明確にしてからでないと、不毛の議論になります。現在の定義を前提にすると「閉鎖された系の中でエントロピーが増大し続ける。」これで十分否定できるのです。 この場合の系は、いくら大きくてもかまわないのですから、宇宙全体を含めてもいいのです。 永久機関の定義を変えて、「人間が生きている限り動いていればいい」とか、「地球がある限り動いていればいい」とか条件、定義を変えればいくらでも永久機関を作ることができます。 従来の定義に従えば、永久機関は不可能だと言い切れます。

3人がナイス!しています

2

もし宇宙が閉鎖空間であるバブル(泡)のようなものが無限に集合した空間であったらどうでしょうか。閉鎖空間と無限が両立します。 ニュートン力学→アインシュタインの相対性理論→量子力学→ストリングス理論と、理論・力学がある条件では成立するが、条件によって見方を変えなければならなかったのは、確かに歴史の事実です。 しかし、20世紀最大の発明であったフロンが地球のオゾン層を破壊する、PCBが体内に入ると分解されないためにとんでもない病を引き起こす、アスベストを吸引することで肺気腫や肺癌になるなど、安定物質が結局は「悪い作用」になりました。 結局、「形あるものは壊れる」、「美人も髑髏」、「無常ということ」、「正法→像法→末法、万物流転」、「詫び、寂び」など、永遠に安定であることよりも、やがて劣化していくというほうが、自然の摂理・哲学であるような気がします。 永久機関が実現できるかどうかは分かりませんが、エントロピーの増大法則は哲学的だと思っています。

2人がナイス!しています

0

エネルギーを牛耳っている石油メジャーのいんぼうです! 永久機関は不可能だと言い切れるのです。

3

外部からエネルギーをもらってくることが出来るならそれは永久機関ではありません。

3人がナイス!しています

0

>>永久機関は不可能だと言い切れるのか? 誰が言い切っているのでしょうか?言い切っているならそれは科学を知らないレベルの低い輩だけのはずですが? 物理を含む自然科学というのは今までの体系化された学問を根拠にものを考える性質のものです。だから科学的にとか物理的にというのは簡単に言えばこれまでに人間が見聞きした事象の中でさらに体系的に理解されたことを根拠にすればという程度のものです。 だから永久機関が無理というのもいままで人類が見聞きして体系化できた話の延長では無理だというだけで、これまで見聞きしてこなかった新しい知見により可能となることまでは否定しません。そういった科学とは何かをきちんと踏まえているならこんな質問は出ないはずですが?