年次有給休暇について質問します。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。スッキリしました。

お礼日時:9/20 23:29

その他の回答(3件)

0

関連する通達はあります。パート比例付与の労働者が、年度の途中で所定労働日数の変更を見た場合、新規付与は次の基準日において契約日数に応じて付与、現在保持日数は増減しないというものです。 ご質問の保持日数はかわらないものの、取得した日(年休で休んだ日)の通常の賃金、平均賃金、標準報酬月額(要労使協定)の中から就業規則でさだめた休暇日賃金となります。保持日数を契約前後の所定労働時間に按分換算する法的根拠はありません。法に定める「労働日」単位で休めます。 ただ、休暇日賃金は就業規則の規定により通常その日働く時間数であれば所定賃金満額支給でしょうが、平均賃金だと過去3カ月に旧所定日数の期間が含まれているなら、そのレベルの賃金反映でしょうし、標準報酬日額だと改定までまたずに取得するとそのレベルの賃金となります。

0

表2の1年間の所定労働日数が応用されます。 https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei06.html 労働時間は賃金だけで、休暇日数とは関係ありません。 休暇は、あくまで契約した労働日の出勤率で計算されます。 週3の勤務期間と週5になった勤務期間合計が所定労働日数になります。

0

そりゃ見つからないでしょうね、そんな通達ありませんから。 そもそもあなたの知識が間違っていますので、それに対しての通達など存在するはずがないです。