ID非公開

2021/9/14 13:54

77回答

乃木坂46掛橋沙耶香、初選抜入りへの想い「茨の道でした」デビューからの葛藤・今後の意気込み明かす

女性アイドル237閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

2人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(6件)

1

比べれば 1、2期が踏んだ道のほうがそうでしょうが、自らの感覚はいいたいモノだったのだろう

1人がナイス!しています

2

自分より人気の低いメンバーが選抜入りしてたんだから、比較してるのは同期(4期)だよね、どう考えても。

2人がナイス!しています

1

先輩方との茨の道とはまた違った意味合いですから別に問題ないです。選抜メンバーに入るのは限られていて、今回に関しても松村さんや大園さんが卒業したことにより空きができてようやく入れるわけで、その枠に選ばれるには大変なことですよ。

1人がナイス!しています

2

あぁ~そういう見方は一理あるんだけど 俺達からすれば乃木坂の歴史全体として見続けてきたからこそ情報量も多いから1.2期が苦労してると比較対象として見れる。けど 掛橋としては「4期から」入った乃木坂として見てると思うよ。 岡山でCMやって、2回目のCM来たり、ミーグリの人気は4期の選抜含めても上位だったわけで 大学との併用も難しい中でクイズに抜擢されたりとか ちょっとずつの「自分が始めた乃木坂からの功績」に対して「茨の道」と表現してると個人的に思うかな。 自分もビックリしたけど4期が入って来た時なんて推しメンは3期が多かったじゃん? 最年少のあやめちゃんなんて乃木坂結成時に7歳とかだから笑 昔の乃木坂のことなんて知らないのも当然っちゃ当然でしょ? ファン側としては掛橋の発言には「違和感」は感じるんだろうけど 4期の当時の状況も加味した上で発言していかないと駄目なんじゃないかな?って思うわ そういうこと言っちゃうと4期は今後発言しにくくなっちゃって個性出せなくなるよ

2人がナイス!しています