ID非公開

2021/9/14 17:40

44回答

むち打ちで後遺障害14級の9号可能性 赤信号停止時追突を受け頸椎捻挫の診断を受けました。 この度症状固定をむかえ通院期間は210日通院日数は100日程です。

交通事故 | 法律相談502閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

後遺障害申請は、弁護士が行っても自分で行っても、添付資料が同じなら結果は同じだと思います。 弁護士が申請した方が「等級認定になるはず」と言うのは、そう思うだけで実際に認定率が高いとは限りません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくご回答ありがとうございました。

お礼日時:9/16 22:24

その他の回答(3件)

0

14級の可能性という事は画像や科学的検査で異常は認められなかったという事ですね。 14級は正直「運」みたいなものですからね。結果が出るまで誰にも分からないでしょう。弁護士も認定には関係ないし。

0

通院期間や治療日数、廃車になるほどの事故と言う点は14級9号が認定される最低条件をクリアしているのですが、経年性の変性が症状を裏付ける所見、年齢が40歳以上と言うことなら、グット認定される可能性は下がります。 弁護士のネームバリューは認定に影響を与える事はないです。

ID非公開

質問者2021/9/14 18:21

年齢によるものもあるのですね。 もともと肩こりがあったことも事実ですが それによる通院はありません。 医師曰くはもともとあった頸椎の変性に不意の追突事故が 加わり悪化したとのことでした。

0

可能性は0ではないです。 が頸椎捻挫、俗に言うむち打ちは外的所見もないものですのでかなり厳しいかとは思います。 労災と違って自賠責は医師の診察もない書類だけの審査ですので、労災では12級が出ても自賠責だと14級9号がやっとこさって感じです。

ID非公開

質問者2021/9/14 17:57

MRIの所見では頸椎の椎間の狭窄がありますが、 退行性変化(加齢によるもの)の可能性も否定できない 状態です。