三つ子の魂百まで という諺がありますが…。そもそも未就学児では人間の性格とかわかりませんよね?「彼は楽観的だ」とか「彼は優しい」とか「彼は寡黙だ」とか未就学児のうちからわかりますか?

生き方、人生相談 | 幼児教育、幼稚園、保育園112閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ご回答ありがとう御座います。

お礼日時:9/17 21:11

その他の回答(2件)

1

幼児教育分野の人間です。 脳科学において実は幼児期にしか育ちにくいものがあると分かってきました。 それが非認知能力です。 認知能力(IQ)のようにテストで測れない能力の事です。 具体的には、 やり抜く力、自分を信じる力、自己肯定感、学習志向性、やる気、集中力、忍耐力、ねばり強く頑張る力、自制心、理性、精神力、メタ認知、客観的思考力、判断力、行動力、社会的能力、協調性、思いやり、応用力、楽観性、失敗から学ぶ力、創造力、工夫をする力などです。 スポーツの分野でもテクノロジーの分野でも芸術の分野でも、成功する人間はIQではなく非認知能力が高いことが分かってきました。 Googleの企業内保育園などではIQを伸ばす教育ではなく、非認知能力を徹底的に伸ばす事をしています。 後から伸ばすことが難しい事が分かってきたからです。 なので、三子の魂百までという言葉はあながち間違いではないと思っています。

1人がナイス!しています