あの世的な死後の世界があると仮定して、宇宙が消えたらその世界はどうなるんですかね つまらない質問してすみません!!

天文、宇宙161閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なんか褒められてうれぴい!

お礼日時:9/18 14:45

その他の回答(6件)

0

暗愚な封建時代やキリスト教暗黒時代に逆戻りするってこったべ。宇宙を天球とかに張り付けてまい、あとは人間が見なけりゃ存在しないとかな念仏をごにょごにょ唱え、現世のご利益とかに精を出し多重下請けのマルチサクラでウッハウハするだけになるのだ。

0

あの世や死後の世界は、宇宙と時空が繋がっていますので、宇宙が消えて「無」になったら、あの世や死後の世界も消えて「無」になります。 宇宙が寿命を迎えて消えるということは、あらゆるモノが全て消えて「無」になるので、時間や空間も消滅してしまうのです。 宇宙というのは、138億年前に、時間も空間も物質も存在しない「無」から誕生しましたので、宇宙が寿命を迎えたら「無」に戻るというのが自然の法則ですからね。

0

パラレルワールド。又はパラレルユニバースの片方が消滅したらもう一つの世界はどうなるのか?だと思いますが。 特性としては2つとも同じ素性の同じ時空の世界。 粒子の成り行き(運動)の違いから②つの世界に統合された物ですが…お互いが干渉出来ない特性があります。 例えば極端に時空が伸ばされてるBHに取り込まれる物とは違い、不変的に存在しマクロまで成長した時空ですから連鎖はないと思いますね〜。

例えば素粒子①個(100%)の内、揺らぎ成分50%を異空間に削ぎ取られてしまうBHの状況と。同じ時空に存在する、それぞれの粒子(量子)がマクロへと統合される②つの干渉されない世界とでは完全体なのか?それとも不完全体なのか?の程の違いがあります。 ですからマクロへと成長したパラレルユニバースは同じ素性を持っていても単独で存在出来る別物だと考えた方が良いです。 唯一、質量(重力)として共有しながらも全く何なのか?解明されていないダークマターがその可能性があると思います。

0

私も矛盾しているかもしれませんが回答させていただきます。 私は死後の世界は宇宙空間というものには存在していなくて、死後の世界というものはあるが、宇宙に依存するものではないと考えています。 例えば音です。これは地球だと空気の振動固体を伝わって聞こえてきますよね。 でも宇宙は基本的に真空のため音は聞こえません。しかし自分の発する音は、自身の体を通して聞くことは出来るそうです。 これは、耳や感覚、もしくは機械によって音を捉えることが出来るからこそ、音という存在を証明していますよね。 宇宙空間でなくても現代では音を証明することは簡単であり、そもそも耳があるため音を捉えることは難しい事ではありません。 しかし、耳の聞こえない人もいますよね、その方に音の存在を証明することは難しくないですか?それと似たような感じで、霊感のある人は霊や死後の存在を捉えることが出来ます。 しかし、この方達は耳が聞こえない方と同じで割合が少ない為証明することは難しいです。 けど、死後の世界も音も機械や体の部位、五感など、捉えられるものが存在すれば、宇宙という空間はあっても無くても関係ないのでは?と思いました。 いずれ、宇宙の存在には依存しない違う空間に死後の世界が存在したとして、それを捉えることが当たり前になる、もしくは証明することが出来るかもしれませんね。 霊や霊感などは信じてませんが、質問者さんの文を見て何となく考えてみました。

0

あの世がどこにあるかによって変わりますね。 ① 天国や地獄がある場合 現世で何が起こっても変わらないでしょう。「あ、地球壊れた」ってな具合で⋯ ② 同じ世界にあるとする場合 何にもない空間を彷徨い続けるでしょう。ビッグバンの反対のビッグクランチからまたビッグバンが起こらない限り⋯ ③ 物理法則の効かない所謂、物語のような異世界の場合 多分、同じ宇宙じゃないと思います。関係ないですね。