回答受付が終了しました

ID非公開

2021/9/16 11:39

1010回答

バンドのドラムはデブな方がやってるっていう事が多い気がするんですけど何故ですか? 取り敢えず私の経験としては太っている人がドラムをよくやっているイメージなんですよね…

回答(10件)

0

後ろで座ってるからかな~。 つのだ☆ひろとかのイメージ。 アフロのイメージもありますねw

0

昔世話になった打楽器奏者(教授)が「ここ数年で私が以前より太ったのはより良い音を求めての事であってあのその」と仰ってたの思い出しました。 9割冗談でしょうけど、腕の重みを本人がコントロール出来るんなら細身の人には出せない音質、音量にも繋がると思います。 それはともかく、「ドラムはデブな方がやってる」は単なる偏見ですかね。私の知り合いのバンドマンの中でデブ率が高いのは案外ギタリストです。

0

ID非公開さん。 デブも含め、長身であったりがっしり型であったり、筋肉質であるドラマー、いわゆる「体躯に恵まれた人」は概して「太い音」が出せる様に思います。 それが音圧であったり音量であったりするわけですが、体躯に恵まれた人はそういった音を「自然」に出せるが、細身の人はそれを「技術」でカバーする必要があります。 YouTubeで女の子や小さい子が演奏やドラムソロをアップして、たくさん再生回数を得ています。 確かにテクやリズム感は素晴らしいです。私なんか到底かないません。 ですが「スゴイ」と思っても、「心を動かされる」事は少ないです。 どうでしょうか、「語り継がれる名ドラマー」って「サウンド」が良くないですか? 俺もあんな音出してえ!って思います。 私はクラシックパーカッション、マーチング、ラテン楽器などもかじるのですが、どのジャンルのタイコ叩きも「体躯」の影響を見てとれます。 世界的なティンパニ奏者や、有名なオケのティンパニストたちはデカイ人が多いです。 以上、縷々書きましたがもちろん例外もあります。もしかしたら例外の方が多いかもしれません(それは例外とは言いませんね) しかしジョイントや対バンがいてドラムを使いまわしたとき、「自分には出せない音」ってのがあってハッとさせられます。 そんな時、ドラマーを見ると「体躯に恵まれた人」が多いような気がするのです。 私の押しは「エイブ・ラボリエル・Jr」です。 ぜひご覧になってください。 AnsBy diddle

0

デブなドラマーを知らないのですが... 中年太りでメタボなドラマーも実際少ないですよ。

ID非公開

質問者2021/9/16 17:08

知らないと言われても実際に居るんだから何とも言えない。 実際はそうなんですね 唯の経験則ですけど、そのバンドの中で一番体格が大きいというかぽっちゃりと言うかデブというか、そういう人がドラムをやってるイメージだったので