ダニエル電池の説明の時に、先生が「電気回路は一周しないとダメだから、水溶液中で硫酸イオンと亜鉛イオンがイオン伝導することで一周する条件を満たしてくれていますよ〜」と仰っていたのですが、

化学 | 大学受験130閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

電気的中性条件がよく分かりました、ありがとうございます!! 電気回路を一周させようとするのではなくて、結果的に一周することになる、ということですかね…?

その他の回答(2件)

1

>電気回路は一周 一周が大切です。つまり円のように閉じている、切れ目がないという事です。 銅線、電極、溶液、塩橋(仕切り)、溶液で一周します。 >水溶液中のイオンによる電子の動きは電気回路に含まれているのですか…? はい。 >移動したところで電子を放出するわけでもないし、 亜鉛の極では、亜鉛が2個電子を失い亜鉛イオンとして溶出します。 銅の極では銅イオンが2個の電子を受け取り銅として析出します。 >電気的中性条件 イオンがある所では、非常に重要な条件です。一個一個のイオンや電子が見えない程度の大きな集まりで考えたときには、プラスイオンとマイナスイオン(又は電子)の数が同じになるという事です。言い換えると、どこかにプラスやマイナスが集まることはありません。ただし、界面、境界付近は違います。今回の場合は、電極付近の事です。

1人がナイス!しています

1

電子は金属導線の中しか移動しません。 なので、先生の仰るとおり、電解質溶液中はイオンが移動して、全体として回路に電流が流れます。

1人がナイス!しています