Excelの関数で、アベレージとアベレージイフズのように、普通のやつとそれにイフズが付いたやつの違いを教えて下さい。情処の授業ついていけません

Excel46閲覧

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。どの回答も分かりやすかったのですが、数ある回答の中で1番ピンときたのでベストアンサァァァァにしました。みなさんのおかげで僕のモヤモヤが解消されましたマジでありがとうございます。

お礼日時:9/17 23:11

その他の回答(2件)

0

サンプルデータで説明します。 画像参照 E1から下の関数は、F1から下に記載しています。 E1はB列全体の平均値を出す関数で、AVERAGE()を使います。 E2から下は、Aの平均値、Bの平均値、Cの平均値・・・・の様に、項目別に 平均値を出す関数で、AVERAGEIF()を使います。

画像
0

「IFS」が付くと「指定された範囲を検索して、条件に一致するものを対象にする」となることが多いと思います。 例えば AVERAGEIFS の場合、指定された範囲を検索し、条件に一致するセルの平均値を出す関数となります。 ただし、あくまでも「名前のルールとしてそういった傾向にある」というだけで、必ずそうなるとは限らないでしょう。