なぜ画質は作品に関係ないからという理由で、画質の悪い高倍率ズームをつけてまでして一眼を使うのですか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました。

お礼日時:9/18 9:09

その他の回答(11件)

0

それがちょっと奥様! 最近は画質面でも良い高倍率ズームが有るのよ!! 私が使っている中では、 シグマの18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM Contemporary オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4.0-5.6II キヤノンのRF24-240mm F4-6.3 IS USM 少なくともこの3本は下手な高倍率では無いズームと遜色無いどころか逆に高画質だったりします。 しかしながら高倍率ズームは重たいので(オリンパスを除く)レンズ交換の出来ない環境以外では好んでまでは使いません。 もちろん高級な部類のレンズには敵わない場面も多いです。

2

一眼の方が使っていて楽しいからではないですか

2人がナイス!しています

1

トイデジ・コンデジ・スマホカメラ・ミラーレス・APS-C一眼レフ・35㎜サイズ一眼レフ・中判デジタル・67フィルムと使ってますが、始めの3つはAPS-Cと高倍率ズームよりも格段に画質が落ちるけど。 その結果、最低でもAPS-Cと思ってますというより、実感してます。

1人がナイス!しています

0

高倍率ズームは持ってない。 有れば有ったで用途に合う時だけは使うかもしれない。 けどつけっぱなしはあり得ない。 仰る通りどうせ写真撮るなら画質も求めたいし、そもそも手軽だからとつけっぱなしにするなら一眼は必要ない。 同じように重いのが嫌だからと軽いレンズを選ぶのも多分しない。 画質が同じなら軽いのを選ぶとは思うけど。 カメラはボディも重要だけどそれ以上にレンズが重要なのはディジタル時代でも変わらない。

理由は結局その逆の事なんでしょう。 一眼を使いたい、という目的が最初にくるけどレンズ交換も重いのもめんどくさい。 そんな感じでは?