海外から日本への旅行客が増える、それも富裕層だけでなく中間層も増加するということは、日本は物価が他国に比べ安くなっている、ということでしょうか?

海外 | 経済、景気105閲覧

ベストアンサー

0

コロナ禍の直前の記事 https://toyokeizai.net/articles/-/325346 は参考になるでしょう。日本の株価がやっと31年来の水準になってきましたが、さて、うまくいくかどうか? 老後2000万円問題はご存知ですよね? コロナ禍では貧富の差が拡大しました。その差は、投資をやっているか否かと言っても過言ではないです。 堅実なインデックス投資でも昨年はかなりの含み益でしたし、あと数ヶ月は金融相場です。その後は業績相場へと移行するでしょう。 長い目でみれば、現金の預金よりもはるかに全世界株や米国株への投資のほうが、リスクはありますがかなりの確率でお金は増えますよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

感謝しております。ありがとうございました。

お礼日時:9/25 15:51

その他の回答(6件)

0

はい、日本の物価が安くなっているのですが、それはつまり、東南アジア諸国が経済発展して生活水準が上昇して、相対的に日本が貧しくなっているということです。

0

そうですね。 政府は、円安(自国の通貨の価値が下がること)誘導してきました。 貿易収支は改善されるでしょうが、日本の価値が下がることなので、 個人的には如何なものかと思います。 他国通貨と比較して10%円安になれば、 本来物価は10%上昇する筈ですが、 未だに2%物価上昇も達成していない様子なので、 国内で吸収している(歪が生じている)と思われます。

0

為替レートの影響はありますね。 今円安ぎみで、日本の物価は相対的に安いです。 これから円高になれば逆に日本から海外に買い物に行く人が増えます。

0

日本の物価は、一部の不動産を除き相対的に下がっています。 先進国の中では最安に近いです。

0

日本人だって自国よりも物価の高い国に行きます。 富裕層ばかりではなく 中間層も学生も自国よりも物価の高い国に行きます。 高い・高いと言いながらも行くんです。 なぜ行くのか? 行きたいから・・・魅力があるからです。 物価だけで考えたら日本よりも安い国だけに行けばお得です。 日本の国内旅行よりも安い国に行くでしょう。 旅行って富裕層ばかりがするわけではないです。 国家が一定の水準になれば中間層が一番多く旅行します。 日本でも貧しい時代は外貨持ち出し制限がありました。 なるべく日本の飛行機で行くよう奨励しました。 中間層が来るのはその国が豊かに平均的になったからです。 アジア諸国の人は近いと言う利点があります。 日本は観光業には国際的にあまり力を入れてきませんでした。 しかし観光業は資本があまりいらず インフラが整っていれば 簡単にできます。 地方再生・地方の活性化の観点から外国人を呼びたい・・・ 観光庁もでき積極的に 諸外国に宣伝をしたからです。 黙っていて急に観光客が増加したわけではありません。 各国の観光フェアで日本の魅力をPRしたんです。 その結果 日本に行ってみたい・・・ 一度行ったら良かったから もう一度別のところへ行きたい・・・ そうなっていったんです。 近距離であればLCCの普及で安く便利になりました。 タイ・マレーシア・シンガポール・台湾・香港・韓国 ・中国 そんな国の学生や中間層も気軽に来れる時代に変わりました。