ID非公開

2021/9/19 14:55

1414回答

国民年金は満額納めても6万円ちょっと、国民年金など一切払わずに将来は生活保護受ければ13万円。

補足

色々な回答ありがとうございます。疑問なのは、生活保護はおそらく生活する必要最低限の金額として13万円+医療費無料で算出されています。一方で、国民年金は6万円ちょっとと医療費払うんじゃ、生活費としては足りません。働きながらといっても80歳過ぎると働くのは身体的に厳しいし、その後20年くらいは生きますから、今の6万円ちょっとの金額は生活できない前提の金額なのでおかしいのと、本文に書いたように年金払ってない人が生活保護受けたら、そちらの方が金額高いってどう考えてもおかしいと思います。

政治、社会問題 | 年金1,135閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

3人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/9/19 15:41

そういえば、ちょっと前に年金は100年安心なんて言っていた政権がありましたね。もちろん、まったく安心ではなかった。 国民年金の未納率の高さも、政府への不信から来てますね。

その他の回答(13件)

0

これから長い人生で交通事故や三大疾病で障害者になったとします。 その時に色々ケア受けれる中に障害者の年金があります。 これは成人なら年金納めていたことが第一に条件として入ります。 なので年金納めて無ければ障害者年金も相当な事由が無ければ受給できません。 生活保護も需給審査は厳しく車・マンション・資産・預貯金・親戚や相続範囲・エアコンや贅沢品の有無・生活保護に至った経緯も審査されます。 要するに低所得者用アパートに住み、その日暮らしの収入しか無くて家族もいないか同様に所得が無いかなどで就労困難な助け必要な人しか審査に通りません。 貴方がこの様な暮らしになる生末が予見されるならですが。

もう一つ 生活保護にも色々パターンはあります。 年金少ないから一定の生活レベルになるように(月13万くらいのイメージ)差額を保護してもらうパターンです。 満額とは行きませんがいくばくか保護費出してもらい、その他に交通費割引とかケアも受けれます。 ですが本人が申請するかどうかです。 まだ日本では生活保護は申請したくない(みじめと思うのかな?)と言う人も多く国民年金額だけで暮らす人も多いです。

0

じゃあ保護申請して差額分貰えばいいじゃないですか。 権利あるのに申請もしないで貧困語るのはどうなんでしょう。

0

国民年金保険料を今の倍にすれば老齢基礎年金は倍もらえます。 保険料を払いたくないのに年金だけもらうことはできません。

0

確かに生活保護と基礎老齢年金のバランスがおかしい。 それにしても共産党員等は生活弱者を守るために聖域として制度の減額にいつも激しく反対します。 国民全員ベーシックインカムにすれば丸く収まります。 もちろんの事ですが、今更成熟した日本の社会保障システムが崩せない。 年金給付額を上げるためにさらなる負担が必要。

0

年金制度が2階建てであることを理解していないからそんな結論になるだけです。

〇生活保護はおそらく生活する必要最低限の金額として13万円+医療費無料で算出されています。 ●13万円は1-1級地で最高額ではありますし、生活扶助費+住宅扶助費の合計額であり、「生活費」という点では国民基礎年金とほぼ同額です。 故に持家であれば生活保護も年金も大差ないのです。無論質問者さんの指摘されているとおり、医療費の自己負担がない分だけ生活保護のほうが余裕があることになります。 また先に回答したとおり日本の年金制度は「2階建て」であり、元々「基礎年金の受給額だけで生活できる」という設計になってはいないのです。