ID非公開

2021/9/19 21:24

1010回答

カメラの世界は最終的には35ミリ判(フルサイズ)に戻るのでしょうか。APS-Cのユーザーたちが軒並みフルサイズに移行しています。将来的にはフルサイズとマイクロフォーサーズに二分されますか。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/22 8:43

レンズの大きさをOM-1と同じにしようとすれば、テレセントリック性を確保した上では、マイクロフォーサーズのセンサーになります。富士フィルムのように、テレセントリック性を確保した上で、APS-Cのセンサーを採用すれば、レンズはXシリーズの大きさと値段になります。テレセントリック性を確保しないで、ソニーのようにAPS-Cのセンサーでレンズを作れば、画質で問題が発生します。今のフルサイズもテレセントリック性を確保すればシグマのArtシリーズの大きさと重さと値段になります。 フィルムカメラの時代のライカやOM-1の大きさが必要なら、センサーをフォーサーズにするしかありませんね。ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

画質を確保するためにテレセントリック性を守り、かつ、ライカやOM-1のレンズの大きさにしたければ、マイクロフォーサーズになりますね。ありがとうございます。

お礼日時:9/22 8:44

その他の回答(9件)

0

富士フイルムはこう言っています。 富士フイルムが35mm判をやらないのは、それが単に「サイズが一緒」というだけで、特徴やメリットがデジタルだと全く違うから 35mmフィルムカメラの魅力をミラーレス機で引き継ごうと思ったら、フルサイズでは無理がある。 許容する光の入射角が大きく違うので、その他の条件が一定ならレンズがどうしても大きくなる。 せっかくデジタルという革命が起きたのに、センサーサイズをわざわざ100年以上前の工業製品の規格に合わせる必然性はない

0

それぞれにメリットがあり、時代経過でそれぞれの弱点も克服されつつあります。光学特性や物理特性は大きくは変わりませんが・・・ それに、私は選択肢が減る事は良い事とは思っていません。1/2.3や1/1.7はレンズ交換式としては・・・でしたが1インチの選択肢は製品の特性によっては生き残る可能性もあると思っていた位です。

0

どのフォーマットを使うかは状況次第。35mm判もAPS-Cもマイクロフォーサーズも使っていますが、今後は使い分けが進むのではないかと予想します。 それぞれのメーカーの得意な分野で使いやすい機種を開発してくれると良いのですが。

0

必ずしも35mm版が最終形ではないでしょう。 小型軽量、格安で35mm版と同じ写真が撮れるようになれば、そっちになるのでは。 デカくて重いカメラ、レンズよりはポケットに入る方が良いと思う。 まぁ~、あなたの言う「将来」が何年先の話か分かりませんが。

0

消費者のニーズ次第でしょうかね。 富士はAPS-Cだし、フルサイズと大騒ぎしているのって、 ソニー、キャノン、ニコン、パナソニックくらいでしょう。 そのソニーとキャノンとニコンでさえAPS-Cを作ってる。 パナソニックはMFT作ってるし。 コンデジは1型あたりが主力の様ですし、富士でも大判(?) もあります。 35ミリ判ってフィルム時代にたまたま映画用のフィルムを 使ってみたら手ごろな大きさのカメラが出来たってだけの 話しで、大判、中判、110、APS他色々なサイズの規格が ありました。デジタルも色々なサイズのセンサーが残るんじゃ ないでしょうか。