回答受付が終了しました

地球温暖化によって南極の氷が溶けているようですが、それによって海の面積は増えていますか?

地球温暖化 | 地学146閲覧

1人が共感しています

回答(11件)

0

南極の氷の量はほとんど変化してません。北極は減ってるようだけど。

0

「南極の氷」は、何を指していますか?海氷?氷床?棚氷? https://ads.nipr.ac.jp/vishop.ver1/ja/vishop-extent.html?S もし海氷であるならば、その減少は、海面上昇には無関係です。 南極域の海氷(:海水面が凍ったもの)は、この20年間では、2014年をピークとして、その後減少に転じて、2020年2021年と最小を記録しています。一時的な増加は、温暖化によって、周辺海域で降雪量が増え、海面の塩分濃度の減少と雪の消波効果によって、海面が凍結しやすくなったことによるものです(昭和基地に船が接岸できない年が続きました。) 南極氷床の増減については、評価がわかれていましたが、ここ数年の研究で、過去の急激な氷床の減少があったことが分かってきました。 https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/21/051100228/ https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/z0508_00099.html https://www.nipr.ac.jp/info/notice/20200918.html

0

増えないですが、全国で埋め立て地が増えて海面は かなり上昇しています。

0

海の面積の推移は分かりませんが、海面の推移は、https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/shindan/a_1/sl_trend/sl_trend.html を見てください。 南極と北極の海氷の面積については、 https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/shindan/a_1/series_global/series_global.html の「年平均値」を見ると、南極は横ばいですが北極は確実に減少しています。 尚、南極の海氷の厚みは薄くなっている可能性があり、今後、この事がデータで裏付けられるのではないでしょうか。 尚、南極の海氷の厚みが少なくなっている事を間接的に示すデータは、 http://occco.nies.go.jp/111202ws/pdf/enomoto111202.pdf の23ページを見てもらいたいのですが、南極の海氷が減少すると南極の周辺部の氷床が崩壊し、最悪の場合は南極の中央部の氷床まで連鎖的に崩壊する可能性があると思いますので、 https://www.env.go.jp/nature/nankyoku/kankyohogo/nankyoku_kids/donnatokoro/donnatokoro/index.html を見てください。

1

地球温暖化によって南極の氷が融けているというのは、事実ではありません。 かつて、南極の氷床は減っていると思われていましたが、NASAの最新の衛星観測で、氷床は逆にずっと増えていたことがわかりました。 南極半島を含む南西南極では減っていますが、南極の大部分を占める北東南極では氷床が増えています。 昭和基地の気温は過去数十年、横ばいであり、氷床が減るような状況ではありません。 南極海の海氷は増えています。 南極の氷床の減少による海の面積の増加はありません。

1人がナイス!しています