YΔ変換は、電気回路における双対関係にある回路といわれてますが、

工学23閲覧

ベストアンサー

0

電気回路の双対関係、のところに、『Y型⇔Δ型』とさらっと書いてありました。 そこで、双対な回路を作る手法(ループ内に節点をつくり、回路の外の基準節点を結び、節点同士を結んで新たな回路を作る手法)を用いて、双対の回路を作成。 確かにΔ型はY型になりましたが、元のΔ型回路の外部端子1,2,3が、双対回路のどこに相当するのかがわからなくなりました。 また、双対変換後のY型のアドミッタンス値は、元のΔ型のインピーダンスに等しい(Y=Z)と思いますが、 この事実はY-Δ変換の公式に矛盾してしまいます。 この謎を解明しようとしています。