ID非公開

2021/9/21 16:28

55回答

質問よろしくお願い致します。 駐車スペースに停車中、バックしてきた車に軽くぶつけられました。相手が警察へ連絡をし、物損として事故処理をしてもらい、相手との連絡先を交換してその日は帰りました。

補足

皆様、早々にありがとうございます。 補足させてください。 ・事故当日に現場検証、双方の傷の確認してあります。 ・土日挟みましたので、事故から3日後に整形外科を受診。 ・人身事故に切り替えましたが、私は停車中だったため、調書のみでいいとの事で、調書作成済み。 ・相手の現場検証はこれからです。 ・私の保険屋さんも、裁判は費用対効果を考えると得策では無いので、弊社で保証しますと仰ってくれています。

交通事故 | 法律相談136閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

被害を受けた側がこんな事になるのは納得いかないので、戦います!!ありがとうございました。

お礼日時:9/28 14:23

その他の回答(4件)

1

>ちゃんと相手が認めてくれて、かかった費用をだしてもらう方法はないでしょうか? →相手が認めないなら裁判するしかありません。事故直後に警察が立ち会って衝突したことを確認しているし、交通事故証明書があるので、裁判すれば相手も認めざるを得ないでしょう。 相手が「認めた」ことの確認はできませんが、「弁護士特約がなくて、裁判すれば費用倒れになるので裁判は…」と考えているなら、自分の保険(車両保険と人身傷害保険)を使って損害を補填するしかないでしょう。

1人がナイス!しています

1

ドラスティックな回答となりますが損害賠償請求と言うものは損害を受けた側に損害を証明する責任があります。よって相手がぶつかったかどうかわからないと言うならぶつかった事を証明する責任はあなたにあるのです。 でも、警察にすぐに連絡をしているとの事なのでこれはあなたにとって有利となる事でしょう。警察は双方から話しを聞いて調書をとっておりその調書を元に事故証明書が作成されております。これは公的な書類となりますので相手が事故証明書の内容と相違があると言うならその事実を証明するのは相手の責任です。 しかし民事の示談は双方の合意が必要です。相手が例え事実を捻じ曲げたとしても示談交渉である以上は相手の合意が必要です。相手の合意が得れないならば最終手段として司法の判断を仰ぐ事になります。裁判となると一般人にはハードルが高いと感じるでしょう。そこで弁護士に依頼する事になるのですが、弁護士特約には加入しておられないとの事。となれば自費で弁護士と契約となりますが、他の方法もあります。まずはご家族が加入している任意保険に弁護士特約が付いていればその特約を利用出来る場合もあります。また、交通事故紛争センターに介入してもらう事も可能です。交通事故紛争センターはあくまでも中立的立場から判断を下しますがこの判断に対して保険会社は異議申し立ては出来ません。よってあなたの言い分が正しいと判断されれば保険会社に対して車の修理代など損害賠償するように判断される可能性はあります。 ただ交通事故紛争センターはどの町にでもあるというものではなく特定の場所にしかありません。お住まいの地域によっては遠方となる場合もあります。そして交通事故紛争センターに相談するには電話やメールではなくて必ず現地に出向く必要があります。しかし交通費以外の費用はかからないというメリットもあります。 色々と書きましたが一番手っ取り早いのはご家族の保険で弁護士特約を使えないかの確認ですね。

1人がナイス!しています

1

診断書は警察に提出しましたか? 提出すれば人身事故になります。 警察が来て、相互のキズを確認して事故証明書(物件or人身)が出るのなら、相手がぶつかっていないと主張しても通りません。 質問者の自動車保険で人身傷害保険に入っていれば、ケガの対応は なされます。支払った保険金について保険会社は将来相手の保険に求償します。 人身傷害保険に入っていなければ、相手自賠責保険に被害者請求ができます。人身事故証明書に相手自賠責保険も記載されるので、そこに請求書一式を請求します。 車のキズについては、訴訟でもしない限り困難でしょう。 しかし人身傷害保険又は自賠責保険から、治療費、休業損害の他、慰謝料相当の金員が支払われます。

1人がナイス!しています

車両保険に入っている場合、使用すると等級が下がるので、次年度の保険料が上がります。 人身傷害保険は、使っても等級は下がりません。 軽微な車のキズなら、なおさないか、自分でタッチペイントで塗るのも方法です。

1

相手の過失は明白ですのでそこは問題ありません。 問題なのはその事故でケガをするかという点のみです。 ケガは、相手自賠責保険に被害者請求でもしてみてください。それで支払われるかはわかりません。 車の修理代は問題なく支払われます。弁護士に見積もり出し支払うように言えばいいだけです。 軽くぶつけられてケガをするかどうかを考えてみてくださいね。

1人がナイス!しています

人身傷害保険で対応する。ケガはこれで終わり。 車の修理は普通に請求したら支払われる。これも車両保険があれば使えばいいだけです。 どこにも問題はないですよね。