回答受付が終了しました

アニメ天官赐福を見ました。そこで色々と分からないことがあったので沢山質問させていただきたいのですがお優しい方いらっしゃいましたら教えていただけると助かります。

補足

追加ですみません! 答えられるものだけで構いません! ・アニメでは殿下は三郎の想いに気づいていない(?)と思うのですが後々気づくシーンはありますか?また12話では友と言っているのですが友以上の存在になっていくのはもっと後なのでしょうか? ・またアニメで三郎と出会った最初の方のシーンで落ちそうになって殿下に手を握られて避けるような動きをしていたのですがあれにはどのような意味があったのでしょうか? 長々とすみません!

アニメ3,109閲覧

回答(1件)

4

<なぜ12話の最後で三郎は姿を消したのか> 2期に明かされると思いますが用事ができたので離れました。理由がない限り三郎は殿下のそばを離れません。 <昔は普通の人間だったのですか?> 天官賜福における鬼とは死んだ人間の魂(念が強すぎて鬼になる)の事です。ですので生前は普通の人間です。 <殿下は800年も生きているのですか?亡くなったシーンがあったと思うのですがそれは生き返ったということでしょうか?また人間ではないですか?> 殿下は800年前に天庭を追放された時に呪枷を嵌められており、その呪枷の効果で死にたくても死ねません。亡くなったシーンとは花将軍時代の戦死の事でしょうか?あれは正確には敵味方に踏みつけられ死ぬくらいの苦痛を受けて動けなかった(そのうち川に流されてその場から離れ、動けるようになるまでに数年かかった)というのが正しいです。意識不明重体(普通なら死んでる)ってやつですね。そんな感じで800年を過ごしていましたので死ぬ思いは何度もしていますが800年間ずっと生きています。そして殿下はアニメ1話で3度目の昇仙(人間が天に登り神になること)を果たしたので現在は神官です。 < なぜ花城の姿になっていたのでしょうか?> 罪人坑の下で鬼になった半月国兵士達と戦っていたからです。本当の姿の方が戦いやすいみたい。 <2人は再会しますか?> あのあとすぐ殿下が花城に会いに行くことになります(詳しくは2期で) < 友以上の存在になっていくのはもっと後なのでしょうか?> 想いが通じ合うまではまだまだかかりますが、原作では殿下は次再会した時には明らかに花城を意識しています。 < 殿下に手を握られて避けるような動きをしていたのですがあれにはどのような意味があったのでしょうか?> 彼は殿下を心から愛し、敬っているけれど、邪な感情もあるので、過ちを犯さないために自制していました。なおこれは過去の墨香先生(原作者)の発言を受けての私なりの解釈です。

4人がナイス!しています

回答ありがとうございます! 全部読ませていただいたのですがとても分かりやすく分からなかったことが解決して本当に嬉しい限りです……! 本当にありがとうございました!!!