① 残雪をも残る人ひとりしか通れぬ、岩場をも懸命にもよじ登る登山家。 そんな姿をも至近距離の側面からも克明にも撮る映像。 ここで不思議なのはどのようにしてその撮影をしてるのか?

動画、映像 | 登山69閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

それはそうでしょうね。 だがあのような映像をよく撮れたもの。 雪深い山岳でのラッセルを横側から同時並行的に撮ったりや、岩間に垂らしてもある鎖を掴みよじ登るのを側面からや上方からのものなど。 今時ですからドローンもあるのでしょうが、操縦技術も相当なものとも思います。 それとももしかして芝居などの撮影のように待機をしていて撮るとか??

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:9/26 9:24

その他の回答(1件)

1

① 安全な場所からズームで撮影すれば大丈夫です。 ② スタビライザーと言うものがあり、これを使うとスムーズに視点移動できます。また手振れ防止機能とかもついています。 https://www.biccamera.com/bc/c/camera/stabilizer/index.jsp

1人がナイス!しています

① ズームも考えたのですが、あの位置で狙える場所は恐らくないようにも。 ② スタビライザーは知っています。 登山家でさえも、息せき切って歩いてもいるほどの山道を、果たして機材を持ったカメラマンが追い付いても行けるものかも。