回答受付が終了しました

昨日、満月をアイホンSEで写しました。肉眼ではハッキリ満月が見れたのにアイホンで写したら月がぼやけて写りました。ぼやけずに写す方法を教えて下さい。夜景を写すモードはあるのですか?

回答(7件)

0

ぼやけるのは露出オーバーだからでしょうね。 丁度昨日、NHKのバラエティ的な番組で写し方紹介していました。街灯や部屋の照明などに向けて露出を固定し、そのまま月に向けて写す、というものです。 満月、スマホ以外のカメラであれば、マニュアル露出で撮れば比較的簡単です。(地平線に近いときなどを除き)基本的に明るさは常に一定ですから。

1

月が丸く写らず周辺の雲も含めて明るく光っているような写真なら露出オーバーです。 周囲の空が暗い月だけ明るいという場合、カメラは画面全体の平均光量に合わせて露出を決めます。すると月だけ突出して明るいので月に対して露出オーバーになり周辺の雲まで写ってしまいます。 カメラの露出補正で暗くすれば月だけ丸く写ります。ただし景色などと一緒に写そうとすれば景色は暗くなってしまいます。 昨夜の月です。

画像

1人がナイス!しています

0

肉眼で見たような月の写真を撮りたいなら、スマホでは無理だと思います。 望遠レンズと、マニュアル設定可能な高額のカメラを買うしかないでしょう。 ただ月が写っていさえすればいいというなら、既出の露出補正で。 ※ 昨夜は、曇りで、嫌いな満月は見れなかった。 ※ この前の、月食も曇りだった。

1

iPhoneのカメラは完全オートなので、放っておくと勝手に月夜を明るく撮ろうとします 画面全体は明るくなりますが月は完全に露出オーバー、白く滲んだ円盤で写ります こういう時は「露出補正」を使います iPhoneで月を捉えたらそこをタップします すると四角い枠が出るので枠の右側で指を上下に動かすと、画面が明るくなったり暗くなったり 月が丁度よく写る明るさになったらシャッター切ってください 或いはもう撮ってしまったモノをなんとかしたいのなら、Lightroomの無料版でもインストールして明るさをいじれば良いでしょう 上のような写真を下のように補正できます

画像

1人がナイス!しています

1

満月は明るいので、夜景モードを使う必要は全くありません。 また、満月の明るさに対して周囲の空が暗いので、そちらに露出を合わせようとしてしまうため、満月が明るく写りすぎることがほとんどです。このとき、日中に太陽の周りに光芒が出来るように、光が侵食してぼやっと写ることがあります。月の周辺に光を散乱する薄い雲などがあると、ものすごく顕著に出てきます。 対策は、露出補正を使う事ですね。画面タップでダーゲット指定して、ライトマークのバーを下げていきます。月がハッキリ見える状態にして撮影ですね。 iPhone SE だと望遠に強くありませんから、ハッキリ写す事は難しいかも知れません。頑張ってとしか言い様がありません。

1人がナイス!しています