新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/9/22 12:13

1717回答

コロナワクチンを摂取しようか悩んでいます。

補足

摂取ではなく接種ですね、すみません。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(16件)

0

>打っても良いと考えている 何回打ってもいいと考えてます?100回ですか?200回ですか? 今後3年で7回は堅いと思いますよ.... 2回とか3回とかで考えない方がいいですよ.... イスラエルとは4回目とか言い出してるし、日本も3回目は確定、、3回目で効果は無いと思うので、おそらく4回目とか言い出しますよ...

0

接種券はそもそも家に届いてるでしょう? それが無いと打てませんよ。 証明書は本人が直接受け取るので家族にもバレませんけど、副反応で高熱が出たらそれでバレそうです。

1

「インフルエンザは毎年1000万人から2000万人感染しますが、コロナは累計で167万人です。桁が違います。それも「累計」ですから、年間にしたらもっと減ります」 と答えている方がいるが、そもそもインフルエンザとでは現状治療薬などおかれている医療環境が違います。 ウイルスは変異し続けるものだということを理解していない。 コロナウイルスは初期の頃とは全く違う病気だと理解したほうがよく、 これまでの重症者数の累計も大事だが、変異株による新規感染者数と重症者数の変化を見つめ直した方がいい。 従来は親から子供に感染が主だったものが、子から親に感染するケースが増え感染力の強さと、毒性の強さをうかがくことが出来る。 世界的に見ればまだワクチンを打てていない人の方がはるかに大きく、世界から次の変異ウイルスが出て日本に入ってきた場合、また次の感染爆発になる恐れがあることを理解する必要がある。 そうならないためにも日本国内で多くの人がワクチンを打てば、新規感染者を減らし新たな変異株を生まれにくくさせることが可能になる。 インフルエンザは基本的に季節性で万年かかる恐れがあるコロナとは違い、インフルエンザも軽く考えすぎている。 親は縁を切るなどと言っているが、法律的にそんなことは出来ない 生命権や自分の健康を奪う権利は誰にもない 基本的に接種券は対象年齢の国民全員に郵送され、家族が勝手に破棄するなど許されないし、再発行は可能なはずでお住いの役所などに問い合わせたほうがいいでしょう。 接種証明書はまだ日本国内では予定を考えているに過ぎず、スタートさせるにしてもインセンティブを付けるのかなど議論をスタートさせたばかりに過ぎない。

1人がナイス!しています

0

届くとは聞いていません。しかし副反応が出ることがありますから、その対策はしておいた方が良いでしょう。 ワクチン接種前後に補気滋陰の処方を服用しておけば、副反応はまず出ないと思うので、飲んでいます。補気は元気にすること、磁陰は潤すことです。 ワクチンの後遺症ですが、舌診をしたときに鮮やかな濃い紅色で、舌苔は無く乾燥し、口は乾き、風熱邪による陰が傷害された陰虚傷津の状態であれば、涼血磁陰清熱の生薬が良いでしょう。霊黄参、麦味参などが使えるかもですね。 接種前に、補気磁陰などご自分の体調をレベルアップする処方も有益です。 ワクチンを打つなら、その前に対処が必要かと思うのです。 ワクチンは身体にとっては異物ですからね。打つならば中医師か中医学に詳しい漢方薬剤師に聞くと良いでしょう。脈診、舌診などで診断してもらいましょう。 体質などにより対処法は異なります。 免疫システムの過剰反応でサイトカインが血中に分泌されます。免疫の嵐、つまり全身の炎症です。血液が、その熱や毒で固まり、血栓ができると大変です。 そうなったら単に熱を下げるのではなく、体を正常化させるために漢方薬を使う必要があるでしょう。必ず専門家に相談を。 サイトカインストームの予防には、シベリヤ霊芝、霊芝宝など、異常な免疫活性を抑制する方法と、冠元顆粒、田七人参、水快宝など瘀血をのぞき血栓を防ぐ活血化瘀(かっけつかお)という方法があります。 私なら免疫を高めるために衛益顆粒を、血液をきれいにするために冠元顆粒を飲んでおき、当日朝と夜と翌朝に霊黄参を飲みます。万一、発熱したら銀翹散を飲みます。 うまく漢方薬を使った人は、ほとんど副反応出ていません。 ・・・ 中国ではコロナに中医薬も使いました。 四早(早期発見、早期報告、早期隔離、早期治療)のうち治療もうまくいったわけです。日本は放置か?日本でもうまく生薬なども使えば良いのに。馬鹿にできんよ。 中国では500回以上疫病が流行っていたので中医学が発達したのでしょうね。感染症対策が考えられてきました。 今回も清肺排毒湯などが開発されました。よく使われた薬は、三薬三方と呼ばれる六種類です。 上海在住の日本人医師に聞く 中国がコロナを抑え込めた理由とは?「西洋医による対応は難しい」https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2021041200003.html 衛益顆粒 https://news.nissyoku.co.jp/hyakusai/hgs-101-0032 新型コロナウイルス対策に使える 症状別「漢方薬」リスト https://hc.nikkan-gendai.com/articles/271666 COVID-19 感染症に対する漢方治療の考え方(改訂 ver 2)金沢大学附属病院漢方医学科 小川 恵子 https://www.kansensho.or.jp/uploads/files/news/gakkai/covid19_tokubetu2_0421.pdf 新型コロナウィルス感染症の漢方治療 https://mbp-japan.com/shizuoka/kawaguchikampo/column/5051305/ 新型コロナ100%抑制する5-ALA(アミノレブリン酸)をサプリで補う理由 https ・・・ 現代医学はあまり対応できていないようなので、中医師か中医学に詳しい漢方薬剤師に相談するのも手でしょう。日本中医薬研究会や漢方療法推進会のサイトで探せます。 コロナ後遺症を中医学的に考察 tps://www.youtube.com/watch?v=d_b2B9NBL9c コロナの後遺症を中医学で考察 tps://www.youtube.com/watch?v=h4RTU3V-nQU コロナに負けるな!「補中益気湯」 tps://www.youtube.com/watch?v=PJEeHVAgItA

4

mRNAワクチンは30年くらいかけて研究こそはされてきたものですが新薬です。従来ワクチンというのは5年から10年かけて治験が行われるのが、僅か一年弱。それに加えて国内での審査手続きも通しておりません。 陰謀論でもなんでもなく この新薬が安全だと決めつけるのは無理がありますよ。 コロナの若年層の感染から重症化する例もほぼ存在しませんしね。 本当に安心できるものであれば 薬害事件も起きるものではないですが 歴史を見れば違いますし、決めるのは 質問者自身ですが、此方としては 薦めるということは余りにもリスクが大きくて罪悪感を覚えるくらいです。

4人がナイス!しています