住宅は住むためのもので投機対象ではない―。中国政府は不動産バブルの沈静化に躍起という。

補足

中国政府は30年前の日本の不動産バブルをよく研究しています。 中国政府は当時の日本政府(大蔵省&日銀)がハードランデイングしたことで、失われた30年が到来したことを勉強しています。 今回、中国政府は恒大集団を生かさず、殺さず、ソフトランデイングを画策しています。 ありがとうございます。 中国政府は恒大集団に対して、「ギリシャモデル」と名付けて、 IMF介入と同様の厳しい締め付けを行う。 ただしヂフォルトは回避させる、 というやり方ですね!? DSはまだまだ中国を生かす、 反面日本は1990年以降、国家解体させられるリスクがある? ロシア解体の次のプログラムが日本解体&中国急成長。!? (これは妄想都市伝説です)

事件、事故 | 株式53閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 中国政府は恒大集団に対して、「ギリシャモデル」と名付けて、 IMF介入と同様の厳しい締め付けを行う。 ただしヂフォルトは回避させる、 というやり方ですね!? 中国は低成長に入るが、まだまだ経済は強い。 皆様ご回答ありがとうございました。!

お礼日時:9/29 8:49

その他の回答(1件)

0

住宅は住むためのもので投機対象ではない なぜなら土地やマンションは売りたいときにホイッと売れない。 億や千万単位の金が自由に操れる、金持ち間でしか買い手がつかない 株は小分けで100づつで売れる。千万単位の金がない貧乏人でも買える。 前日終値を見て、適切な値段を設定すればほぼ必ず翌日売れる。 現物やってる分には、売り逃げ・買い逃げがフレキシブルに対応できる。