富士急ハイランドにおけるド・ドドンパは発車1.6秒以下で時速180kmに達する(航空母艦からの射出にも近いらしい)という(一般人には)無理のある加速故にムチウチその他けが人などが続出していたらしいです

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

 事故とか怪我の多くはコースター自体ではなく乗る側に要因があったようですね。  (私はアメリカのあるテーマパークのポリシーを読んだことがありますが、体調が不安なら乗るな(DO NOT RIDE)と書かれているなど、ある意味「お客様にも厳しい」ようです。  日本の遊園地、テーマパークもそれくらいであるべきなのかもしれません)

お礼日時:9/26 22:57

その他の回答(2件)

0

私も好きですが、なかなか驚きの加速ですよ。 どうしてあれほどの加速かと言われても、そういうスピード感のようなものを味わいたいというニーズがあるとしか言いようが無いですが。 下の方が書かれてますが、頭をちゃんと付けてたら、ムチ打ちなんかなりようが無いです。首は動きませんので。 それは、発信前に繰り返し言われますが、それを無視している人でしょうね。 まあ、係員の言うことを無視したら怪我をするという乗り物自体、問題があると言えばそれまでですけどね。

0

あの加速が最高に楽しい、あれくらいの加速じゃないと物足りないって人(僕も含め)が一定数居るからと言わざるを得ません。 しっかり正面を向いて頭をヘッドレストに付けてさえおけばむち打ちや骨折のしようが無いですし、加速の際に変な姿勢で乗ってたらそりゃむち打ちになるのは当然です。 (実際怪我された方が具体的にどのような理由で怪我されたのかは詳細が分からないのでそれに関しては何とも言えませんが、とにかく加速時に変な姿勢撮ってたらほぼ確実に首痛めます)

変な姿勢撮ってたら→変な姿勢とってたら の書き間違いです<m(__)m> 同園内の高飛車も約2秒で100kmに到達する加速がありますが、ド・ドドンパの加速と比べるとしょぼすぎて個人的にあれでは全く物足りないです。