文学不況 今現在の文学界は作品の質に於いて低く、つまらないものばかりでとても物足りません。同じ様に感じている方からのお話伺いたいです。

小説 | 読書116閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

文章化するに値するテーマが見当たらなくなっているのでしょうか?斬新さが必要と云うことなんですね。静穏で重厚な文字列の復活はきたいできないですね。。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても勉強になりました。ありがとうございました。創作する側でないと解らないんですね。

お礼日時:9/28 17:54

その他の回答(2件)

1

まあ概ね同感です。 文学って何を指しているのか分からなかったけれど言いたいことは大体分かるという感じ。 といっても小説以外、私は最近殆ど読めていません。評論や随筆、あぁ対談も、、まじ読みたいんだけど。 素晴らしい回答が出てるので被る部分は割愛しますが、 そんな事で私はこの頃、小説に多くは求めなくなりました。 新しいもので、おや?と思ったのは 偶々読んだ、平野啓一郎。今をよく見て多くの読者へ向けて分かり易く書いてると思う。 今に不満があるなら古いものを読めばいいと思う。読み尽くすなんて無理なんだから。小説以外もある。終わりもないし飽きもこない。 >今現在の文学界は 文学を昔から続く何かひと続きの様なもので捉えているなら少し違うと私は思う。 川って水量だけでなく位置そのものも変わり、支流が流れ込む本流があり逆も然りで、文学はそれに似たものだと私は考えている。 従って、涸れてしまうこともあるし本流を捉えているという勘違いも起こり易い。残念なことだけど。 >文学不況 書き手、読み手、そこを繋ぐ出版業界、全体の問題ですかね。時間の速さを甘くみて初動が遅れた。 出版までのタイムラグもあると思う。下らない文章ほど速く世に出る。私のこれも然り。 飯の種という経済的側面も大いにありましょう。

1人がナイス!しています

1

まさしく同意します。 文芸誌開いたらたいてい「うげー」ってなります。

1人がナイス!しています