イエスは貧乏なやもめがいくら献金するか凝視してて 全財産を献金したので褒めた。 でもイエスは献金したとは書いてない。 なぜ「イエスも献金した」と書かなかったのでしょうか。

宗教82閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ユダは一般的に裏切り者とされていますけど、それは後世の教会の創作です。イエスが受難するためにエルサレムに向かうのを止めたペトロはイエスに「悪魔よ去れ」と言われています。もしユダがイエスの居所を言わねばイエスは受難を受けずに済んだ可能性が高い。つまりユダに対しては自分の居場所を告げるように言ったはずです。だからユダには悪魔は入ってはいません。つまりユダを裏切り者としたのは後世になって聖書を編纂した教会の捏造だと分かるのです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん有難うございました。

お礼日時:9/26 21:37

その他の回答(5件)

0

イエスは神の子です。 神殿に寄付をする人たちは神に寄付しているのです。 イエスは述べたように、その子ですから、 献金する側ではなく、 献金を受ける側の存在です。 イエスが敢えて献金することは問題ありませんが、 やはりイエスは献金を受ける側の家の子です。

0

「シモンよ,あなたはどう考えますか。地の王たちは租税や人頭税をだれから受け取っていますか。自分の子たちからですか,それともよその人たちからですか」。26 彼が,「よその人たちからです」と言うと,イエスはこう言われた。「そうであれば,子たちは税を課されていないのです。

0

「会堂への収め金」を読まなかったのですか?其処に、「捧げた」事と、「捧げるべき者」に付いて書いてます。

0

イエスは3日で神殿(教会)を建てることになっていた新しい契約の神殿そのものですので、旧の肉のユダヤ教からしたら献金される側ですので献金等しなくて当然です。 それから、貧しい寡婦を褒めたのは、この世の富を全て手放さなければ、イエスの新しい契約の神殿(教会)の狭い門を通って入ることが出来ないので、最低限の条件をクリアした寡婦を褒めたのです。