モンキーのレギュレートレクチファイヤの点検方法について

1人が共感しています

ベストアンサー

0
画像

なお、モンキーのサービスマニュアルの配線図です。 先のレギュレートレクチファイアの端子名でAは白でコイル(充電)へ、Bは黄色でコイル(灯火系)、Cは赤でバッテリー+端子へ、Dはアースに繋がります。 私も電気は専門ではありませんが、モンキーの場合はジェネレータのコイルの一端がアースされており、半端整流と呼ばれる方式になります。 この方式においては、レギュレートレクチファイアはダイオードで交流のマイナス側をカットしてコンデンサで平滑化しており、いわば半分は捨てていることになります。 対して、全波整流と呼ばれる方式では発電コイルはアースされておらず、レギュレータ内にはブリッジダイオードとコンデンサがあり、交流のマイナス側を+に反転させ、コンデンサで平滑化することで効率良く直流化しているようです。 という違いに起因しているのでしょうが、これ以上詳しいことはわかりませんのでご容赦を。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

非常にわかりやすい回答ありがとうございます やってみます!

お礼日時:9/27 3:12