DTMでベースの音作りをするとき、厚みをだすために、シンセベースなら音を重ねるという方法があるらしいですが、生ベースをオーディオで録音した場合も同じような方法はあるのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

ライン録音ですか?マイク録音ですか? ライン録音をダイレクトボックスを通したものと、アンプからマイクで録音したものをミックスする方法があります。 GarageBandなどDTMソフトでは擬似的にこれが出来るものもあります。

0

生ベースの音を太くする方法はいくつかあります。 ①コンプとEQを使う ②リアンプを行う 録音環境や使っている機材によってやり方が異なるので、詳しくは書きませんが、ネットで調べるとやり方がいろいろ出ているので、参考にすると良いかと思います。

レコーディング現場でのリアンプは、本物のベースアンプにマイク立てて行いますが、DTMではアンシミュを使って簡単に出来ます。また、①②を組み合わせても良いですね。

0

シンセベースの場合 オクターブ違いの音を重ねる方法があります。 オクターブ違いの低い音を加える事もあります。 生ベースの場合 倍音を調整するといいですね。 単音弾きなのだから音を重ねるのはあり得ません。 生ベースに厚みや重みを「演出」してるのは倍音です。