製造間接費の予定配賦と、標準原価計算の製造間接費の標準配賦

簿記60閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

>問題文に「標準原価計算を行っている」と書いてあって、 >更に「製造間接費は予定配賦している」とある場合、 製造間接費を予定配賦するのは、実際原価計算です。実際原価計算は物量を実際で計算します。予定配賦とは、この実際消費量に予定価格等を用いて計算された配賦額のことです。 なので、標準原価計算の問題で、予定配賦は考えにくいかと・・・。

実際原価計算は、消費量をベースにして製品原価を計算します。 標準原価計算は、生産量をベースにした製品原価を計算します。 結果、標準原価計算は原価財の消費量を知らなくても製品原価が計算できることになります。これが、予定配賦を行わない理由です。 予定(価格)配賦率と標準(価格)配賦率が同じものなのか?という質問であれば、そのように解釈されても良いと思います。少なくとも試験でここを聞かれることはありません。ただ、ご自身がここをもう少しお調べになるのであれば、以下の前提が必要になるかもしれません。 予定=見積り 標準=目標 正常=異常を除いたもの・平均